« 本感想:ことづて屋 停電の夜に 濱野京子・作 カスヤナガト・イラスト | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160312) »

2016年3月 6日 (日)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160306)

Sinjyosei1「신여성(新女性)」1巻。변양아(ピョン・ヤンア)作。ソウル文化社。WEBマガジン「WINK」誌で、新人作家の初連載作。単行本の帯の宣伝コピーを拙訳してみると
「1928年、京城で繰り広げられる同年代の少女達の波乱万丈寄宿舎生活!」
まさにこの通りの内容で、タイトル「新女性」については、想像はできるが厳密な定義は難しく、詳しくはGOOGLEで検索すれば日本語だけでも資料が色々出てくるので、ここで私が知ったかぶりをするのはやめておこう。
新人の作品なので漫画の技術は未熟だが、内容は本国の漫画としてもまだポピュラーではない舞台らしいので、日本人の私から見ればさらに興味深い時代ものドラマが期待できそうだ。
日帝支配下の京城(※日本植民地下のソウル)の女学校に入学し寄宿舎生活に入った名家の泣き虫のお嬢、민덕요(ミン・ドギョ)と、その身の回りの世話をする侍女、최영랑(チェ・ヨンラン)を中心として、1巻だけでも、女学生の寄宿舎ものと言えば、日本の漫画好きなら想像し得るタイプのキャラが勢揃い。近代朝鮮の女性の風俗、喜怒哀楽、アイデンティティがどこまで描かれるか楽しみだ。

|

« 本感想:ことづて屋 停電の夜に 濱野京子・作 カスヤナガト・イラスト | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160312) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
以前韓国の純情漫画に興味があり時々取り寄せて読んでいたのですが、
韓国語が全くわからない事もありそれきりになっていました。
が、こちらのブログを拝見してまた興味がわいてきました!
신여성、面白そうだったのでさっそく取り寄せてみましたが
セリフが読めなくても画面を見ているだけで興味深いです。

以前読んでいた当時はファンタジー物を描き始める前の
クォン・キョジョンさんやパク・ウナさんの「多情多感」が好きだったので、
ブログを遡って読んで現在の著作を知れたのも嬉しかったです。
漫画通販のサイトで表紙だけは見れますが、内容が全くわからないので
こうやって解説と感想を載せて頂けるのはとても助かります。
これからも更新楽しみにしています。

投稿: あじ | 2016年3月25日 (金) 17時30分

ありがとうございます。韓国漫画の読者諸氏はなかなかこのように具体的な体験や感想、嗜好の情報を発信してくれないので(笑)、大変に参考かつ励みとなりました。これからも微力ながら情報発信に努めます(笑)。

投稿: とべイサオ | 2016年3月25日 (金) 20時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63308930

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160306):

« 本感想:ことづて屋 停電の夜に 濱野京子・作 カスヤナガト・イラスト | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160312) »