« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160324) | トップページ | ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」追記 #精霊の守り人 »

2016年3月26日 (土)

ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」 #精霊の守り人

ドラマを観る前に、原作読み直しておいたが、1作目はシンプルなんだよね。細かい設定は知った気になってるのはその後のシリーズを読んでいるからなんだよね。1作目は背景説明はあまりしないで大胆にサクサクと展開している。決して読者に親切ではない、と私は思っている。
さて、何が言いたいかというと2回目になって小芝居が増えてきて、なるほど、情報量が増えている。ケレン味もその内だ、改めて原作のシンプルさを再認識したってこと。
で、タンダ登場、棒読みは、むしろ朴訥さが際立たせる為、とよい方に解釈したい。音痴も民謡を巧く唄うのはリアリティに欠けるからだ、と思いたい(無理があるか?)。
高島のトロガイがノリノリで他を圧倒しちゃうのはどう解釈したものか(苦笑)。
王は、若さ、気弱さが重責に引き裂かれかかっているエキセントリックさがよく出ている(出過ぎか)。ガカイは小者振りがより強調されて、役者の実力相応の役割を与えられたようだ。シュガ、聖導師さまと三つ巴の好対照ね。
チャグムは、年端の行かぬ子が、引き裂かれて死ぬと予言されたショックと同時に年頃の子供のアイデンティティの目覚め、苦悩も合わせて表現されている。
少女バルサ役は期待以上の演技。アクションもいいし、人を殺してオトナヘと成長していく少女の悲痛さの表現も素晴らしい。
綾瀬バルサもますます殺陣に加えて、男らしさ、「父親」らしさに磨きがかかる。
ジグロ、少女の成長の回想として、渋い。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160324) | トップページ | ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」追記 #精霊の守り人 »

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63399328

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」 #精霊の守り人:

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160324) | トップページ | ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」追記 #精霊の守り人 »