« ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」 #精霊の守り人 | トップページ | ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(3)冬ごもりの誓い」 #精霊の守り人 »

2016年3月27日 (日)

ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」追記 #精霊の守り人

タンダのリアルな麻酔なし縫合手術の痛みが、バルサの苦痛と悪夢をじきに安堵の表情に変えるシーンが二人の関係=絆を表わして胸に込み上げてくるものがある。
王宮のセットがショボく見えるのは、ショボく見せているのだと解釈したい。古い=斜陽を迎えた国の為政者には覇気がなく、官僚主義、権威主義だけが横行し、自分を守ることだけ=ルーチンワークに専心し、大事な古文書もきちんと整理されずただ埃を被っているだけで放置し解読しようとする者さえいなかった=怠惰・倦怠、ということを象徴しているのだろう。
あえて言うなら、異界現象の特撮と異変の効果音はまだ試行錯誤じゃねえかなあ、と思うのだが。

|

« ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」 #精霊の守り人 | トップページ | ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(3)冬ごもりの誓い」 #精霊の守り人 »

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63401677

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」追記 #精霊の守り人:

« ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(2)王子に宿りしもの」 #精霊の守り人 | トップページ | ドラマ感想:NHK「精霊の守り人(3)冬ごもりの誓い」 #精霊の守り人 »