« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160416) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160430) »

2016年4月23日 (土)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160423)

Ponchakustar10「뽕짝스타(ポンチャックスター)」10巻。完結。김명미(キム・ミョンミ)作。ソウル文化社。9巻の記事はこちら
やはり「東方礼儀之国」の所属する零細事務所社長の娘にして謎のトロットのヒットメーカー、바하=パハは、(ガタイがいいがアイドルを目指しているとは思えない、表情変化に乏しい無口)で実は財閥の庶子、신교(=シンギョ)のことを暴かない代わりに大ネタとして自分の正体を独占で明かす取引を記者に持ち出した。
その上でシンギョは、自分の人生を独白した。財閥の正式な長子が亡くなったので、その身代わりとして隠密に入れ替わりを画策した、実質財閥を仕切る義母との葛藤。自分で決めて何かをしたいという思いにとらわれていた時にたまたま出会った、バハの父の事務所に所属(※という処が笑わせるが)。
記者と話を付けるとバハはさらに財閥社長、シンギョの義母を大胆にも呼びつける、シンギョを含めメンバー全員と共に、シンギョを自分達に預からせてくれと申し出る。ここで、あなたは誰と問う義母に「明日のトップニュースを観れば分かるでしょう」と不敵な返答。
シンギョも、戻って来いと命令する義母にこれを拒否。『はじめて(義母を)真正面から見て話す事が出来た。皆と一緒だから』と感じながら。
グループの団結に義母は何も言わずに引き下がる。
正体を明かしたバハは、表舞台で活動の手始めに、自分の生母のカムバックのレコーディングに立ち会い、ダメだしの連発、堂々とやり合う。
かくして、トロットグループ「東方礼儀之国」の活動も、バハの音楽プロデューサーとして活動も順調に進み、ハッピーエンド。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160416) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160430) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63500801

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160423):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160416) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160430) »