« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160430) | トップページ | 本感想:日本会議の研究(菅野完)扶桑社新書 »

2016年5月 5日 (木)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160505)

Nabi20「Nabi」20巻。김연주(キム・ヨンジュ)。大元CI。
19巻で、류상(柳尚=りゅうさん)に、「손소류(ソン・ソリュウ)はここに置いて、オレ達と来い」と誘われた하림(霞林=はりむ)だが、これは拒否。
これもソリュウの手配か?操縦士を殺した何者かが、船の高度を下げ、その間に、リュウサンとソリュウは、船から地上へ飛び降りた。すると今度は文国の飛行船が現れ、かつてミオン国の大神女で、今は文国王室にいるものだと名乗る目隠しをした女が兵とともに現れ、予知者ソリュウを文の国王がお召しだ、と同行を促してきた。しかもソリュウに対して「あなたのような人は、あなた一人ではない」と告げる。※これは、ソリュウがやっていることはお見通しだと、ほのめかしているのか?未だ不明。
一方、飛行船に残って潜む一行に、時空を越えて積極的に事象に介入して運命を変え始めた方のソリュウがリュウサンを通じて、「世界が明日滅亡するとしたらどうしたいか皆に聞いてみて」と妙なことを尋ねる。
さらに、これら進行中のエピソードの間に、いつのどの世界か不明だが、묘운(妙雲=みょううん)になる前のホン・ハヨン(홍하영)が会いに来るエピソードが挿入され、さらに読者を掻き回す?。二人の対話を抄訳すると、
(ホヨン)「ずっとソリュウ様に会わねばならないという気がしていました。その理由をソリュウ様はご存じですか」
(ソリュウ)「私は、何度もホヨン様と出会ってきたのです。私は何度も世界を変えてきたのです」
(ホヨン)「そんなことが出来たとして、個人の気分だけで世界を変えてきたのですか」
(ソリュウ)「なぜ変えてはいけないのですか。その力があるというのに」
結果として現在?の長い夜は未だ明けていない。今度は水国から文国を舞台にした展開となるのか?謎めいた展開は続く。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160430) | トップページ | 本感想:日本会議の研究(菅野完)扶桑社新書 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63556478

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160505):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160430) | トップページ | 本感想:日本会議の研究(菅野完)扶桑社新書 »