« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160515) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160529) »

2016年5月19日 (木)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160519)

Mumyouki3_2「無明記(무명기)」第3巻。윤지운(ユン・チウン)作。大元CI。2巻の記事はこちら
절 (=チョル=絶)先生と呼ばれる医師。身の回りの世話をしている侍女は풍원(プンウォン)漢字は、風園または豊園。先生の昔馴染らしい男、無盡(ムジン) 三人を中心とした中華圏時代劇奇談集の第3巻。
次の エピソードは、プンウォンがチョル先生には既に馴染みの蛇女、파조(=パソ=破阻)と知りあうきっかけとなる、チョル先生の処に来て間もなく受けたある「呪い」を払うために戦うチョル先生とパソの血生臭いアクション。
※蛇と書いてきたが3巻の後書き漫画によると正確には蛟(ミズチ)=「교」だそうだ。知ったかぶりはやめておくが、日本でも知られている妖怪で色々検索できる。
第三巻最後のエピソードは、これはいつのエピソードか不明だが、チョル先生とムジンの旅の道中記。宿の泊まり客たちの遭遇した、山中の川の増水で死んだ霊の呼び声や、宿の賭場や酒で身を持ち崩した男達の奇談怪談・・・。
※ユン・チウンはリアルな作品だけでなく、過去にも古典奇談に材を採った時代劇ホラー連作「破閑集」という代表作がある。時代ものでは、リアルな現代ものと異なり、ホラーならではの血生臭いアクション、人間の愛憎の葛藤、異界から彷徨い出てくる異形の存在の妄執など、エンターテインメント要素を自由自在に描いて読者を楽しませ(怖がらせ)てくれる。


|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160515) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160529) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63637307

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160519):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160515) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160529) »