« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160604) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612その2) »

2016年6月12日 (日)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612)

Yoruwokakerusonbi14「밤을 걷는 선비」(夜を駆けるソンビ)」14巻(ソウル文化社)。原作조주희(チョ・ジュイ)。作画担当は한승희(ハン・スンヒ)。13巻の記事はこちら
一般的邦題「夜を歩く士(ソンビ)」私的訳では「夜を駆けるソンビ」で通す(笑)。繰り返すがゾンビではない。日本では士大夫ともいう、在野の地主で教養人、人格者でもある名士とか名家の旦那をさす。
今度は、謎の絵師が男装のヒロイン、양성(ヤンソン)を襲う、お前が김 성열(キム・ソンヨル)をおびき出すカギだ、と。しかしヤンソンがここで逆襲、彼が咥えて離さない煙管を、お前の秘密だ、と奪いとる。煙管の秘薬が切れた絵師は正体を現す、バンパイア、귀=キィ(漢字語で「鬼」の朝鮮語発音、日本の音読みキと同じようなもの)の一人二役だったのだ。
※キィの回想によればこの秘薬も朝鮮初代国王、李成桂に与えられたようだ、この秘薬で陽の下でも生きられ、人間の絵師をどうにかして?その姿に変身可能になったらしい。
一方、バンパイアとなった妓女、수향(スウヒャン)は、兵士達に囲まれ一斉に矢を射かけられ遂に、ソンヨルに看取られながら朝日を浴びて、壮絶で、悲痛な死を迎える。
思悼世子(사도세자、サドセジャ)の王子(おそらく後の国王、正祖)はヤンソンを清国へ向かう一行に加えるように計らうが、ヤンソンは、今一度、ソンヨルの屋敷に戻り彼を待つことにする。
ヤンソンを見守るようにソンヨルは現れる。
※ここでソンヨルが何か巨大な黒い獣を従えているのだ。彼の秘蔵の魔犬か?キィに対する番犬か?

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160604) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612その2) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63759600

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160604) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612その2) »