« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160614) »

2016年6月12日 (日)

韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612その2)

Dousenaratahon7「이왕이면  다홍(どうせならタホン)」7巻。이상은(イ・サングン)作。鶴山文化社。6巻の記事はこちら
前巻で登場した、家の孫達の一人우진(ウジン、この家の長男(=ミソンさんの夫)と離婚した前妻の間の子、職業モデル)に幼い頃からぞっこんだった주리(=チュリ)、予想通りめちゃくちゃな家事センスで男共を翻弄する。ダメ押しは、祖父の大事な族譜(チョッポといい、家の由来、家系図)を不要な廃紙と思って回収に出してしまった。これまた予想通り廃止回収所に行って探すことになる。
写真館に来たタホンは、ここの社長(※他に店員はいない)がタホンのバッグから大事な金をクスねて店の賃貸料払いに充ててしまい、しかしタホンは警察に行っても金は戻らないから、共同経営者だという口約束をして社長の尻を叩き、タホン自ら営業活動に打って出る。
早速、社長が嫌がる子供の音楽教室の発表会の記念撮影の仕事を受けると、言うことを聞かないやんちゃな子供達を巧みに懐柔し、ここにようやくタホンを心配して探しに来たウジンも合流し、彼の本業モデルの写真映りの特技も手伝って子供達の悩みまで解決して撮影成功。。社長とひと悶着あるが、(※今後もこの写真館に通って自分の金を稼ぐのかはまだ分からない)一先ず、家に帰る、チュリが探し中の族譜も、タホンがあっという間に馴染みの回収業者から取り戻す。
祖父はウジンが説得し、チュリから始まったドタバタ騒動は一日で解決。
タホンの手際と気性にすっかり負けを認めたチュリも反省。タホンと友達になる。代わりにタホン自身のウジンに対する気持ちを恋というのだ、と教える。※これからようやく他人ではなくタホン自身の問題解決の展開となるか?

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160614) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63759614

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612その2):

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160612) | トップページ | 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160614) »