« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160619その2) | トップページ | 本感想:「すべては平和のために」濱野京子・作。白井裕子・絵 »

2016年6月26日 (日)

シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」感想=現代日本政治への警告

新宿ピカデリーに、配偶者と観に行った。一口で言えば面白かった。歌舞伎役者と歌舞伎演出というのは元々大好きだ。もうかなり長く若い人に大人気を博し続けている劇団☆新感線の制作した芝居をシネマ歌舞伎化して再演したものらしい。
中島かずきの巧みな脚本で、娯楽性満点だが、同時に間違いなく、古代日本史を舞台とした時代劇には定石だが、現代日本の政治を意識したものだ。※以下ネタバレを含む
大和(ヤマト)朝廷による万世一系という「帝(ミカド)」が幻に過ぎない=「神話化」を明らかにすることに突き進む大きなストーリーの締めに向かって、
阿弖流為=東北=大和にまつろわぬ存在=大和の敵=鬼とみなされる存在と、
相対する坂上田村麻呂=征夷大将軍=征服者の先兵=大和の正義=蝦夷という少数民族の敵とみなされる存在が、いずれもヤマトの神話化の犠牲となるプロセスで、苦悩しながらも大局を観て和睦し、大和に服従した少数民族は鬼としての存在を甘受しつつも、それ故に後世に影響をもたらし続ける存在となる。
結論=多数派の大和の治政下に少数民族の文化と魂が「鬼」として内在する体制=それが「日本であることを忘れるな」
それがいま公開される意義は、今の大衆政治はその「事実」を忘れ「神話」を「現実」とみなす=少数民族の存在を鬼どころか、過去の遺物として「否定」し「少数民族の伝統的文化的存在を騙る罪人」扱いしつつあることへの警鐘と猛省を促している。

|

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160619その2) | トップページ | 本感想:「すべては平和のために」濱野京子・作。白井裕子・絵 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/63834638

この記事へのトラックバック一覧です: シネマ歌舞伎「阿弖流為(アテルイ)」感想=現代日本政治への警告:

« 韓国の漫画 韓国純情漫画(순정만화)感想:最近読んだ原書あれこれ(20160619その2) | トップページ | 本感想:「すべては平和のために」濱野京子・作。白井裕子・絵 »