« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20160910) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161002) »

2016年9月24日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20160924)

Rure25s「RURE(루어)」25巻。서문다미(ソ・ムンダミ)。鶴山文化社(純情漫画誌「PARTY」連載中)。24巻の記事はここ
先に描かれた複雑怪奇なルアーと翅族の関係。そして신명화(シン・ミョンファ)が持ち出した黒い翅の精霊達との「取引」、詳細は描かれなかった。
私に残るのは復讐だけ、と翅族相手に殺戮を拡大しようとするミョンファ。凄絶かつ超絶的な殺戮描写が続くが、身を挺して止めにかかるのは、解放軍のリーダー、女戦士パナオルカルの息子、マナクス。
ミョンファは翅族の命を取る代わりにその黒い翼を一斉に引きはがし、宣言する「私はお前たちに栄華をもたらす悪神になってやる」と。
ようやく、北の大国완・위라이(ワン・ウィライ)の神殿の最高位、大神女の回想は終わり、22巻の異空間の会見の場に舞台は戻る。つまり、ミョンファは残った翅族を率いて北方へ向かい黒い翅の能力を失った末裔がワン・ウィライとなった。マナクスは、ハベクと翅族の王女の間に出来た子の封印の上に、城と国を作り、ルアーの復活を待つことにした。これが砂漠の王国パイルとなった。
※ここで「古代」篇は終わり「双子の呪い」篇開幕、ということらしい。
しかし、主人公、シン・ハルは告げなければならない、双子の呪いはまだ解かれていない、と。
※ここから、ハルが知る事実を語る一方で、パイルのタマル王子の様子がひどく警戒緊張して描かれる、どうやらハルに喋らせたくないらしい。タマルはまだ何か知っているらしい。
ハルは「私は100年振りに生まれたルアーであり、双子として生まれてきました」と。激しく動揺するミョンファ。
※ここで、私も混乱している。ミルは間違いなく腹違いの妹なので、早死にしたハルの双子の姉妹の話がどこかにあったかな?。長期連載でまったく思い出せないので改めて既刊を引っ張り出さないといけないらしい。
さらに、気づいて勢い込んだハルは「私の姪は、単独で生まれた。真のルアーかもしれない」、その瞬間背後から血相変えて絶叫するタマル「逃げろ、ハル!」。
ミョンファはハルの背中に触れて何かをした。そして次の瞬間「やはりお前だったのか、殺してやる!」、タマルは剣を抜いてミョンファの額を突く。
※改めて繰り返すが、これらはあくまで呪術師の力による異空間での仮想対話なので本当に殺しあえるわけではなく、双方、呪法が解けて現実世界に戻る。タマル王子の反応から見るに、マナクスの子孫である彼は元から何かを知っていたようだ。
するとハルの背中から黒い翅が現れた。痛みに苦しむハルはいずこかへ消えた。
一方。青い月の民であるエノクは、ミョンファを問い詰めると「ルアーと翅族は決して共存し得ない。翅がある以上、それは真のルアーではない、(額のルアーの印章は)真のルアーから強奪したものだ。」
するとエノクは何か心に決するものがあったか「これからはただあなたの隣においてほしい。他には何もいりません」とミョンファに冷めた表情で願う。
祭礼の為に集まった、ワン・ウィライの貴族達の前にエノクを連れて現れた大神女ミョンファは宣言する「紹介しよう、私の夫となるエノク。神君の地位を与える。皆、私と等しく敬え」
※この世界の歴史が語られたのに、さらに謎を呼ぶ怒涛の展開。ハルの真の出自は?パイル王国とタマル王子の真実は?エノクの意図は?


|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20160910) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161002) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64185528

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20160924):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20160910) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161002) »