« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161022) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161106) »

2016年10月29日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161029)

Kimuyonnjabuthikkuheyoukoso8「김영자 부띠끄에 어서 오세요(キム・ヨンジャ ブティックへようこそ)8巻。한송이(ハン・ソンギ)作。ソウル文化社。7巻の記事はこちら
8巻分では、妹チンソン(진선)はメインではなかった。再び主人公のユソンと店員の구철주(ク・チョルス)がメインとなった。チョルスが突然、音信不通、行方不明となる。そして、舞台はチョルスの実家へと移る。チョルスの妹が、自分の結婚式に出席させるため、無理やり自家用車で実家に連れてきていた。実家は父親が地元の食品の工場を経営して、羽振りはいいようだ。だがきわめて独善的な人物。実母は早くに亡くなり、義母は、大人しくて優しい人、孤児だったとかで、田舎では蔑視で苦労してきたらしい。
※韓国では、今に至るまで、孤児の里親制度、養子縁組は、少なくとも日本よりもずっと当たり前のことになっている筈だが、だから日本より進歩的というわけではなく、私のように韓国の漫画だけ読んでいても、メインのキャラクターが養子であり、そのことで里親との関係や、世間の視線にも苦労するドラマが結構ある。
妹もかなり勝手な言動で兄を非難する人物として描かれている。韓米で活動する製薬会社か何かの研究員で同僚と結婚するらしい。久し振りに再開した父親は、チョルスの話も聴こうとせずに決めつけ、怒鳴りつけ、チョルスのスマホを壊してしまうし、直ぐに立ち去ろうとすれば、転んでけがをするアクシデントで(※ハプニングは韓ドラの常道(笑))、妹の非難もあって、結婚式がすむまで滞在を決め、何もしないわけにもいかず、工場現場を手伝えば、工場経営を手伝っている親戚がきて、工場を息子に継がせるために呼び戻したと邪推して、父親ともめるし、と、ユソンに連絡する暇もなかった。
そして、ユソンがチョルスを探してやってきた。
一方、チンソンは、彼氏윤태신(ユン・タシン)と同期スヨンとは相変わらずギクシャクしているが、タシンの家の夕食に招待される。タシンの両親に歓待されるが、自分が姉と二人の孤児育ちであることに憐みを受けることにわだかまりを覚える。帰宅すれば、またモデルの青年が現れるがユソンとチンソンが孤児であると知ると、憐みの表情をする。
「私は姉さんとちゃんとやって来たのに。どうして憐れまれるの?。同情されるの?」チンソンはそれが悔しくて泣きだしてしまう。
※チンソンとモデル青年が接近してしまうムードだ。
そして、ユソンは、チョルスの家に滞在し結婚式に出席することになり、買い物ついでにチョルスの義母に服を選んでやる。結婚式当日には、ウェディングドレスに染みがついてしまって泣き叫ぶチョルスの妹に、義母の頼みで、これを直してやる。
※日本の漫画なら、ここは、服飾を通じて颯爽と活躍して家族のわだかまりを解消し感謝されるユソン、となるところだが、むしろ淡々とした展開。ただ、チョルスの妹は義母に一言「その服よく似合ってるわ」ユソンは妹に「お互いを理解し合えない人たちは、お互いを受け入れ合える時というものがあるようだわ」と一言。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161022) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161106) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64416206

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161029):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161022) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161106) »