« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161029) | トップページ | #BurkaAvenger パキスタンが生み出した、ブルカを被った女性スーパーヒーロー »

2016年11月 6日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161106)

Simuchon4「심청(「沈清」=シムチョン)」第4巻。イ・ソヨン(이소영)作。タイトルは、韓国では誰でも知ってる儒教道徳説話「沈清伝」の主人公の名前。親孝行娘の代名詞。内容は日本語でも直ぐ調べられる。3巻の記事はこちら
3巻の続き、魂の入れ替わった双子の姉妹の屋敷で、イアンにまた別の何かが取り憑いた(あるいは先に憑いていたのか?)。憑依されたイアンは、名を「ヘユン」と名乗った。これは、やはり3巻で、シムチョンの運や才能を試す為に試練を与えると宣言した謎の女性(神仙の類か?)も知らなかったことで、謎の存在らしい。
※3巻の記事では女性の名を「ソア」と書いたが「ソル」の間違いだったようだ。龍王にもソルの真意と動きは不明で手の出しようがない状況。
双子の騒動の方は、これまた朝鮮王朝の隠密らしい人物の機転で、トンヒョン(実はソヒョン)のかんざしを彼女の髪から引き抜いたところ、呪術が解け、取り憑いていた何かが飛び出し、消えていった。事態の原因は、トンヒョンの縁談に嫉妬にかられたソヒョンの憎悪に付け込んだソルによる怪異であり、これがシムチョンに課した試練の一つだったのだが、シムチョン達はまだそれを知らない。
つまり色々謎だらけだが、事件は収まり、シムチョンとイアンは旅を再開、隠密は王朝へと帰還した。この隠密、実は、現国王その人で、先に亡くなった王妃が、トンヒョンと同じような兆候を見せていたから、機転が利いたらしいのだ。国王は、王妃の死について再調査を高級官吏に命じたところ、一人の巫女の名を挙げた。先代王が命じ配置した国家機密を扱う、宮廷内でも秘密の存在としての巫女だというのだ。巫女は王に、王妃の欲望を操った謎の存在の仕業だと告げる。
※この巫女こそ、ソルだった。こうして宮廷内から魔鏡で、国王とシムチョンの動きを観察し、二人の運命に介入している訳だ。
一方、シムチョンは、一年前に盲目の男性が娘を探して漢陽(王宮のある都)へ向かったと聞き込むが、道中またしても様子の変な村に迷い込む。村の男達が夢中になっている妓楼があり、そこの妓女がイアンを誘惑する。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161029) | トップページ | #BurkaAvenger パキスタンが生み出した、ブルカを被った女性スーパーヒーロー »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64440278

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161106):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161029) | トップページ | #BurkaAvenger パキスタンが生み出した、ブルカを被った女性スーパーヒーロー »