« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161128) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161217) »

2016年12月10日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161210)

Nabi21「Nabi」21巻。김연주(キム・ヨンジュ)。大元CI。
20巻の記事はこちら。하림(霞林=はりむ)の回想が入る。손소류(ソン・ソリュウ)に助けられた恩があるという内容だが、やはり以前のハリムの回想場面とは微妙に違うようだ。そして詳細は描かれないが、かつてミオン国の大神女で、今は文国王室にいるものだと名乗る目隠しをした女と兵達に、ソリュウは飛行船で連れていかれ、ハリムは取り残される。
次のエピソードのタイトルが「妙雲2」つまりホン・ハヨン(홍하영)=묘운(=みょううん)のことだが、今度は、書院時代の仲間たちと、ソリュウの父親の屋敷を夜襲しようとしてる。そして書院の女主人(マニム)の仇討ちに成功。ソン宰相の首を切り取った。※これはまた微妙に時空が変化したような?私の読解力では整理がつかない。
さらに次のエピソードが、文国に連れていかれても眠ったままのソリュウが、目隠しをした大神女と対話(テレパシー会話らしい)している。その中でも、ソン宰相が討たれたと大神女が伝えている。これは体は、昔のソリュウで、対話しているのは、運命に介入し出した後のソリュウ(※ということになるのかなあ?)
ソリュウは大神女に語る「私は、女の身の狭い世界の運命を変えたに過ぎない。男に生まれていれば、この力を己の為に使い、功を挙げることができたのに。結局この世界は、私を女に生んで殺したのです」と悔恨を。
※以前にはハナに、独りではなく、皆の力を集めなさいと諭された筈だったが、内心密かにこういう結論に達したということか。あるいは、世界に数多ある未来の運命を変えようとするロマンチックSFからフェミニズム的にもう一段階踏み出した注目作となるのかもしれない。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161128) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161217) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64607680

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161210):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161128) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161217) »