« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161217その3) | トップページ | 本感想: #仁木悦子 #少年小説コレクション #論創社 »

2016年12月19日 (月)

本感想:「バンドガール!」 #濱野京子 作、#志村貴子 絵 偕成社

前半は、極めてシンプルな少女目線での「バンド始めました」物語だが、バンドという音楽活動を通じて少女の五感が刺激されると認識が広がり、この社会の背景が見えてくる後半、一気に物語は活性化する。
すると、やはり濱野京子の世界だ、オーソドックスな風刺SFの手法にして、端正な筆さばきは鋭い切っ先となる。
※あまりネットの他の書評に言及したくはないが、「政治」が入るのを嫌がる感想がいちいち湧き出る人は、今の世の中「普通って何だ?」と自問してみることだ、そんなものがどこにある、むしろ例外・異常だらけだ。
さて、話を戻して、
バンド活動も、音楽は二人以上いれば様々な対立事項が現れる、少女達のアイデンティティの目覚めも育ち始める。さらに少女のバンド活動を通じて見えてきた社会背景は、大災害、大事故を通じ、日本の生活環境は汚染され、生活区域は狭くなり、首都は移転、生活水準は低下、ハイテクだけが残り、少子化は進み、学校内の課外クラブ活動は成り立たなくなり、地区の児童館がクラブ活動の中心拠点となった社会。社会不安が人々の心から余裕を奪い、音楽活動も「歌」に対するマスからソーシャル、パーソナルまでメディアによる自粛圧力や、表現抑圧の息苦しさ。
こうした諸事情が少女のささやかなバンド活動に無縁ではないことを知ると同時に、少女はささやかな抵抗と現状打破を試みる。まさにロックの精神ではないか(笑)。
※私自身は、日本の学校内の課外クラブ活動は行き詰っている、欧米式の地域自治体によるクラブ制に転換すべきではないかと思っている。うがち過ぎかもしれ合いが濱野京子もそう思っているのではないか。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161217その3) | トップページ | 本感想: #仁木悦子 #少年小説コレクション #論創社 »

濱野京子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64647355

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:「バンドガール!」 #濱野京子 作、#志村貴子 絵 偕成社:

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20161217その3) | トップページ | 本感想: #仁木悦子 #少年小説コレクション #論創社 »