« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170219) | トップページ | アニメ感想:劇場版 #宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #第一章嚆矢篇」 »

2017年2月25日 (土)

ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第6回「#帝国の牙」

冒頭以外バルサの出番なし、後はチャグム側の出ずっぱり、まあ、緊迫の政治駆け引きドラマだから場面を切り替える訳にはいかない。
ヒュウゴのセリフ「私は(チャグム王子の)民ではありません」がちゃんと伏線になっている。だからヒュウゴは、自分の身は構うな、と展開を予測して警告したわけだ。その展開にヒュウゴ役の俳優の肉体が説得力を持っている。
しかし、NHKの新聞のテレビ欄向け紹介分が、狙い過ぎというかあざと過ぎるというか、なりふり構わなさすぎる、というか、これは気に入らないね、いくらなんでも。
話を戻すが、タルシュ帝国の意匠は、中世欧州の騎士風か?いささか生地が安っぽい気がしないでもない。
ラウル王子の飴と鞭的な誘惑と恫喝は、新興の強権主義国家らしい、上記安っぽさは、伝統ある王家ではなくて、あくまで力による成り上がり=たたき上げ為政者という演出かもしれない。
そしてチャグム王子の古王国らしからぬ、戦略が発揮される、これ前回のヒュウゴのセリフ「(チャグム王子)一人ではタルシュとは戦えない」が伏線になっている。このヒュウゴの期待にチャグムは応えた。戦術的には無茶苦茶でも、理屈は通っているのだ。チャグム王子は運命に向かって文字通り泳ぎ出したのだ。
しかし、「神」と「蒼路」を並行させた構成は、難しいが成程と思えてきた。動乱の時代であることが一段と真に迫って感じられる。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170219) | トップページ | アニメ感想:劇場版 #宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #第一章嚆矢篇」 »

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64940444

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第6回「#帝国の牙」:

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170219) | トップページ | アニメ感想:劇場版 #宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち #第一章嚆矢篇」 »