« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第4回「#笑う魔物」 | トップページ | ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第5回「#聖なる場所へ」 »

2017年2月12日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170212)

Kimuyonnjabuthikkuheyoukoso9「김영자 부띠끄에 어서 오세요(キム・ヨンジャ ブティックへようこそ)9巻。한송이(ハン・ソンギ)作。ソウル文化社。8巻の記事はこちら
本格的に進路問題に直面する妹チンソン(진선)。先生や主人公の姉ユソンの説得もあって、大学進学のための補講(※韓国では制度として常設されているのがうかがえる)を受けていて、その課題と、お店の縫物の仕事も両立に苦労し出した。しかもチンソンは学校の成績も元々悪くないことが読者に明らかになる。
強制的にお店の手伝いをさせられたユソンと違い、幼少期からお店に居場所を求めたがったチンソンとの、すれ違いも強調される。
それでも、ユソンの説得に大学進学を決め、お店にお針子も雇われるが、なお彼氏윤태신(ユン・タシン)と同期スヨンとは相変わらずギクシャクし、またまたモデルの青年が現れ、チンソンの青春はまだまだま波乱含みだ。その中でチンソンは当面最後の仕事としての服を縫い始める。
そして、舞台は3年前の回想に移る。ソウルに出て行ってしまっていたユソンが母の入院の知らせで戻って来た時の話だ。当時のユソンは家からの電話にも出なくなっていて、やっと連絡が付いた時は母の病状はかなり進行しており、チンソンは母親の発病、入院に独りで対応し、その心細さ、連絡のつかない姉への怒りは想像するに余りある。
※この回想エピソード導入の小道具として、ユソンが戻って来た時に提げていたバッグを店員のク・チョルスに修繕させた場面がある。これが、これが回想から今に戻った時にどう活かされるのかもストーリーテリングの注目点だ。

|

« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第4回「#笑う魔物」 | トップページ | ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第5回「#聖なる場所へ」 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64882729

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170212):

« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第4回「#笑う魔物」 | トップページ | ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第5回「#聖なる場所へ」 »