« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第8回「#王子の足跡」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170326) »

2017年3月25日 (土)

ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第9回「#呼びあう魂」

先ず、泣かせるサブタイトルではないかw。第2シーズンも最終回、振り返ると、実写ドラマはウェット、任侠、人情に訴えるキャラ作り、ドラマ作りをするんだな、あらためて原作小説はドライ、クール、知的な作りだったんだなと感じた。
だからこそ、ヒュウゴの食えない奴感(笑)が際立って見えるのだ。敵と味方をはっきりと分けられない、ドライさ、クール、知的にタフさ、と原作要素を体現していたのヒュウゴ(だけ)だったのだ。
一番人気でツイッターを席巻したイーハン役は、どうも、ファンタジードラマの世界の住人になりきっていなかったような気がする。
ヒュウゴの一方でシハナのキャラは、割を食ったような気がする、真木よう子は、自らノリまくってキャラ作りもしたようだが、それが良かったかは、疑問が最後まで残った。ただしドラマ的にもウェット、任侠、人情路線だったので、彼女の責任ばかりとは言えない。但し、私が長年妄想してきたスピンオフした想像のシハナのいずれとも全く異なる姿で意表を突かれ新鮮で印象的だったので、ドラマ的にはおそらく成功だったのだろう。
ストーリーとしては、小説とは視覚に訴えるとはこういうことか、なるほどと思った(笑)。特に周辺の新興大国の思惑と古くて小さな国の為政者の戦略、思惑の知的な戦いの妙味を小説が時にチャグムを直接出さずに俯瞰したような構図から(神の目線とでもいうか)じっくりと記述するのに対し、実写ドラマは、チャグムの逃避行の緊迫感、切迫感を一気に表出することで、理屈抜きに役者の肉体で語らせていた。ドラマは、老いた小国の若い王子のお手並みと肝を試してみようという為政者とブレーン達の駆け引きの妙味がドラマチックだった。
また、今回は、各国の太った(ふくよかな)女性の役者とキャラクターが皆、いい味をだしていたなあ、これは冷やかしでもセクハラでも差別でもないぞ。本当に太古よりの大地の豊穣のシンボルと、現代社会のスリム過ぎる女性への偏愛の不自然へのアンチテーゼとしても十分だろう。

|

« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第8回「#王子の足跡」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170326) »

上橋菜穂子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/65065705

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第9回「#呼びあう魂」:

« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第8回「#王子の足跡」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170326) »