« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第7回「#神の守り人」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170311その2) »

2017年3月11日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170311)

Simuchon5심청(「沈清」=シムチョン)」第5巻。イ・ソヨン(이소영)作。タイトルは、韓国では誰でも知ってる儒教道徳説話「沈清伝」の主人公の名前。親孝行娘の代名詞。内容は日本語でも直ぐ調べられる。4巻の記事はこちら
※4巻の記事で書いた私の内容解釈が間違いでさらに謎が深まり複雑だった。
龍王の意図を邪魔した「ソル」と、朝鮮国王の下にいる巫女は、同一人物ではなく、龍王の娘で「シア」といい、龍王の手助けの為に、シムチョンと国王を魔鏡で監視していた。龍王とシアは話し合い、もはやシアがシムチョンに、すぐに王宮へ向かうよう勧めることにする。
一方、3巻でイアンとシムチョンが入った妖しい妓楼の女主人は、どうやら客の肝を食って不老不死になっていたようだ。危ういところを再び後を追ってきた隠密になりすました国王に助けられるが、この女主人の背後に「ソル」がいたのかははっきりしない。
そしてこの騒動の間にイアンに取り憑いていた、これも謎の存在「ヘユン」が目覚めたようだ。ヘユンが目覚めるとイアンの意識が眠ってしまい、その間の記憶はなくなる。
巫女(シア)と隠密(国王)がシムチョンに、父親探しの為にも、先ず王宮に行くように説得を尽くし、ようやく王宮には入るが、この事態に、国王の母、事実上後宮を仕切る、皇太后は当然立腹、これも巫女が、シムチョンが王妃となるべき運、天命を持つのかを試してみるのだ、と言いくるめるが。

|

« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第7回「#神の守り人」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170311その2) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/64996727

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170311):

« ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第7回「#神の守り人」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170311その2) »