« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170415) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170504) »

2017年4月26日 (水)

本感想短編二題: #がんばっている君が好き(絵 #結布 ) #秘境ループ #濱野京子 作

二編いずれも2016年発売のテーマアンソロジー短編集に収録された濱野京子の作品という以外、具体的な発売時期、意図も、出版社も、他の執筆者も異なるのだが、私という主体が、今この時期に、立て続けに読んだという行為を介すると、共時性や共感が色々現れる。
かたや舞台が図書室と言えば、私も色々思い入れがある方だと思うが、日本の図書館行政の貧しさは今に始まったことではないし、俗にツタヤ図書館といわれる司書とコーヒーを秤に掛けたような、それ自体図書館の魂を売ったような事実があるし、ちょいと視点を変えれば、ごく最近「博物館の学芸員はがん」などと暴言というより己の知性すら貶める発言をする政治家もいるし、と残念な話題に事欠かない。
さて、肝心の本編を読めば、短編なのであまりネタバラシはしたくないが、どちらも初恋の成就に願を掛けながら、かたやリアルに誤解というほろ苦さ、こなた幻想に所謂「悪魔の取引」のバリエーションまで加えて複雑な構成を組みながら、読み終えると実はどちらも、願掛けは本当に必要だったのか?、これからも願い事は可能性を残しているではないかと考えさせる。
両作品とも願い事という奇跡を望む少年達の姿を描きながら、その価値を否定しているのではないか。特に図書室を舞台にした方の作品では、奇跡の価値の否定を問いつつ、加えて幻想に誘う存在として司書を描くことで逆説的に司書は結果を保証してくれる存在ではなく、知の導き手であり、その在り方を間違えてはいけない、という読み方もできるのではないか。さらにジェンダーへの理解共有の為に少年の男女のそれの固定化も否定して描いていることも忘れてはいけない。

「がんばっている君が好き」小学館。「あまからすっぱい物語」シリーズ第1巻。※絵を担当している「結布」は、現在、上橋菜穂子の「闇の守り人」の漫画化を連載執筆している方じゃないかな。
「秘境ループ」講談社。「ぐるぐるの図書室」収録。装画・挿絵/くまおり純。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170415) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170504) »

濱野京子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/65197675

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想短編二題: #がんばっている君が好き(絵 #結布 ) #秘境ループ #濱野京子 作:

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170415) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170504) »