« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170617) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170618) »

2017年6月17日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170617その2)

Tonka2「童果祓い」第二巻。우나영(ウ・ナヨン)作。鶴山文化社。一巻の記事はこちら。※相変わらず原題「童果풀이」の「~풀이」をどう訳せば効果的かまだ分からないでいる。ご意見、ご助言を歓迎します。
ここに掲載した表紙が、美形の若い男の姿の天界の使い여곤(ヨゴン)。
※詳しいことは分からないが、神の子を産む定めとなったものを「과선」というらしい。
今回は、人間的な神の母親から「あなたが大事な神の子を身ごもったとしても、あなた自身より大切なものはない」と励まされた。あるいはこの女性、元は人間か。
その一方で胡散臭い奴が現れて、主人公열음(ヨルム)がここまでに神々から受けた贈り物を奪われてしまった。天界にいるのは神々ばかりではないらしい。妖精かどうかもわからない、天界の住人だから皆知り合いというわけでもないようだ。神の贈り物を奪って、私が神になるとうそぶいている。
次に会いに行った神は「선도성모」というこれまた、艶やかな女神で、主人公열음(ヨルム)に明確な試しを告げようとしない。自分の館に滞在させて本を与えてこれを読んで考えてみろ、と告げる。書の内容は、これまでの「과선」に関する履歴の記録。過去に大勢の女性が神の子を産む勤めを果たしてきた。皆多産な人々で人間界に帰った後も天界と親しく交流した人も、逆に失敗した人も大勢いた(具体的に失敗してどうなったかはまだ出てきていない)。あらためてヨルムは自分のような小娘にこの大役がなぜ来たのか、私にその資格があるのか真剣に考え始める。
※ヨルムは何も知らない現代っ子ではなくて、なかなか思慮深い娘だ。これが漫画のキャラクターとしては面白みがない、新人の作品としても奔放さが足りないという気がする。但し、韓国の漫画は、日本ほど一気に「つかみ」にはいかない、いわばスロースターターが多いので、これから大化けすることに期待したい。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170617) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170618) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/65336131

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170617その2):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170617) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170618) »