« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想番外篇『韓国スーパーロボット列伝』『韓国スーパーロボット列伝漫画篇』 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170724) »

2017年7月 1日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170701)

Dousenaratahon8「이왕이면  다홍(どうせならタホン)」8巻。이상은(イ・サンウン※これまでイ・サングンと記述してきたのだがこれに改めることにする)作。鶴山文化社。7巻の記事はこちら
タホンが共同経営者となった?写真館の社長に仕事の依頼、当人が芸術家気取りで生活力ゼロだがそれなりに知られているらしい、ちゃんとした大手スタジオでのポスターCMかなんかで猫の写真を撮るんだが、この猫の世話を任されたタホン、とくればコメディお約束の大騒動。猫を追い掛けてスタジオを駆けまわり、これまたお約束のように、このスタジオが、우진(ウジン)のモデルとしての仕事場の一つでもあり、ウジンの仕事仲間とも絡んで、アシスタントと間違われて仕事手伝わされたり、ドタバタの果てに、後日タホンも美容学校のウィッグのモデルとなって撮影をすることに。
※タホンは今回の騒動で初めてウジンの仕事がモデルであることを知った。実はウジンは、この仕事を辞めて公務員試験を受けるつもりでいて所属事務所の女性社長とかなりもめている。
父親は一流カメラマンのタホンだが、モデルの経験は当然なし。緊張で固くなるが、これを巧くほぐしてくれたのが、ウジンの友達でやはりモデルである차선호(チャ・ソンホ)。
ここからはラブコメのお約束。タホンとの関係を否定するウジンに、ソンホはだったら自分がタホンにアタックすると宣言。ウジンは意外に初心(うぶ)で自分の気持ちを持て余し始める。
さて、タホンが暮らす例の男所帯の家の孫達の末っ子(ウジンの母親違いの義弟)小学生の도욘(トユン)が夏休みの宿題で昆虫採集をすることになり、だったらトユンの友達も連れて山でキャンプだ、付き添いと指導はタホンに任せろ、となったら、どうして聞き付けたかソンホが同行することになり、そしたら野外活動は好きでないと公言し、実際苦手そうなウジンも同行するお約束展開。
ここでトユンの友達の一人の体調が悪くなり、ソンホが子供達を連れて一端、下山、山林の中に残されたタホンとウジンに雨が、で続く。
※ちなみに韓国では学校の長期休暇を「放学」という。冬休みと春休みもあるようだが「夏放学」と称するのはまれで、「放学」といえば「夏休み」を指すのが一般的のようだ。
※作者、イ・サンウンは、原作付きの漫画も描いてきたが、原作付きで設定や展開にひねりを効かせるより、こういうお約束のラブコメディのほうがストーリーがサクサクと展開する、職人タイプの漫画家のようだ。
※この漫画、この家の諸問題をタホンが解決したら完結という流れもあったようで(単行本だと5巻分まで)そこで、タホンが大ゴマアップで振り返った姿で終わる、まさに連載最終回的な絵があった。好評で単行本第6巻からの新展開となったのだろう。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想番外篇『韓国スーパーロボット列伝』『韓国スーパーロボット列伝漫画篇』 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170724) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/65424821

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170701):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想番外篇『韓国スーパーロボット列伝』『韓国スーパーロボット列伝漫画篇』 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170724) »