« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月24日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170724)

Aoiglass5「푸른 유리(青い瑠璃)」第5巻。오지혜(オ・チヘ)。ソウル文化社。4巻の記事はこちら
古代の楽浪の姫ソル(솔)=今の仮名は瑠璃=を誘拐させた人物は今はこの村の役人で、一座の芸人達もまとめて拘束した上で取引を持ち掛けてきた。領主の家の葬儀の為に楽浪の第一皇子(つまりソルの兄の一人)が来ているので請願書を持って行ってくれと申し出てきた。
一方一座と行動を共にしている靺鞨のジャマルタは、別人のように話し始めた白い肌のミルから、ソルとミルの逃亡を手助けした第三皇子の女、チョンは元々信用できないことを見抜いていた上、薬の行商人ホンムンも信用できないから、何か起きた時には、ソルのことを頼まれていた。ミルはジャマルタがソルを見捨てられる男でないことも見透かしていた。
その、薬の行商人ホンムンと、少年達の頭目の男は同一人物で、赤毛の、これもまだ明かされないがどこかの支配者の皇子(上の表紙の人物)で、楽浪を巡って、裏で幾重にも策謀を巡らしていた。そして今度は上記葬儀用の葬礼品を略奪し、面目を失った王子が村で代替品の物資を兵士を使って強引に徴収するように仕向け、裏で村人の不満と憎悪を煽り、騒乱を仕掛ける。
ソルこと瑠璃は、一座を助けるというよりは、何も知らず流されていた自分を変えるため、何よりミルを助けるために、と取引を受けて、葬儀に来た神女に扮し、村に入る。
この間に、ホンムンは、ミルと瑠璃に別々に接触、心理的に揺さぶるが、両人ともホンムンを信用せず、屈しない。
この最中に、第三皇子に取り入ってソルや第一皇子の始末をつけると請け負ったチョンも単身、村に現れた。実は、ソルと取引した役人とは同族で旧知の関係だった。
母を亡くした少年と共にミルは、偶然第一皇子一行からの略奪品を見つけ、策謀に気づいてこれをさらに煽る策を講じる。
村に騒乱が始まると、呪神に扮したミルは、派手なパフォーマンスで葬礼品が見つかるように仕向け、混乱をさらに煽り、この機に乗じてジャマルタや、第一皇子と接触したソルを村から脱出させた。
村を脱出したミルにチョンが接触、秘めていた自分の気持ちをぶつけるが、ミルはこれを拒否。
第一皇子が差し向けた追手が迫ってくると、ジャマルタとソルが渡り終わった吊り橋を切断、追手を遮り、自らは川底へと転落する。
ミルは、自分の肌が白い故に人々に疎まれ、鬼子扱いされ、ソルが自分を拾って面倒を見ると召使達が姫様もいずれ呪われると噂しているのを聴いて、これを防ぐ為に、ソルや彼女と関わる他人とすら言葉を交わすことを封じていたのだった。
※動き出したヒロインのソルまたは瑠璃を巡って、他のキャラクター達も動き出し、錯綜した物語となってきた。ソルとして生きるのか瑠璃として新しい運命を開いていくのかその心理の葛藤の振れも丁寧に描き込まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170701)

Dousenaratahon8「이왕이면  다홍(どうせならタホン)」8巻。이상은(イ・サンウン※これまでイ・サングンと記述してきたのだがこれに改めることにする)作。鶴山文化社。7巻の記事はこちら
タホンが共同経営者となった?写真館の社長に仕事の依頼、当人が芸術家気取りで生活力ゼロだがそれなりに知られているらしい、ちゃんとした大手スタジオでのポスターCMかなんかで猫の写真を撮るんだが、この猫の世話を任されたタホン、とくればコメディお約束の大騒動。猫を追い掛けてスタジオを駆けまわり、これまたお約束のように、このスタジオが、우진(ウジン)のモデルとしての仕事場の一つでもあり、ウジンの仕事仲間とも絡んで、アシスタントと間違われて仕事手伝わされたり、ドタバタの果てに、後日タホンも美容学校のウィッグのモデルとなって撮影をすることに。
※タホンは今回の騒動で初めてウジンの仕事がモデルであることを知った。実はウジンは、この仕事を辞めて公務員試験を受けるつもりでいて所属事務所の女性社長とかなりもめている。
父親は一流カメラマンのタホンだが、モデルの経験は当然なし。緊張で固くなるが、これを巧くほぐしてくれたのが、ウジンの友達でやはりモデルである차선호(チャ・ソンホ)。
ここからはラブコメのお約束。タホンとの関係を否定するウジンに、ソンホはだったら自分がタホンにアタックすると宣言。ウジンは意外に初心(うぶ)で自分の気持ちを持て余し始める。
さて、タホンが暮らす例の男所帯の家の孫達の末っ子(ウジンの母親違いの義弟)小学生の도욘(トユン)が夏休みの宿題で昆虫採集をすることになり、だったらトユンの友達も連れて山でキャンプだ、付き添いと指導はタホンに任せろ、となったら、どうして聞き付けたかソンホが同行することになり、そしたら野外活動は好きでないと公言し、実際苦手そうなウジンも同行するお約束展開。
ここでトユンの友達の一人の体調が悪くなり、ソンホが子供達を連れて一端、下山、山林の中に残されたタホンとウジンに雨が、で続く。
※ちなみに韓国では学校の長期休暇を「放学」という。冬休みと春休みもあるようだが「夏放学」と称するのはまれで、「放学」といえば「夏休み」を指すのが一般的のようだ。
※作者、イ・サンウンは、原作付きの漫画も描いてきたが、原作付きで設定や展開にひねりを効かせるより、こういうお約束のラブコメディのほうがストーリーがサクサクと展開する、職人タイプの漫画家のようだ。
※この漫画、この家の諸問題をタホンが解決したら完結という流れもあったようで(単行本だと5巻分まで)そこで、タホンが大ゴマアップで振り返った姿で終わる、まさに連載最終回的な絵があった。好評で単行本第6巻からの新展開となったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »