« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170924) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171001) »

2017年9月30日 (土)

本感想:ビブリオバトルへ、ようこそ! 濱野京子・作。森川泉・絵。(あかね書房)

Photo「ビブリオバトルへ、ようこそ!」濱野京子・作。森川泉・絵。(あかね書房)
濱野京子の小説は、描写に共感することが多いので読み進まなくなってしまう、とこれまでも度々書いてきたが、今回はまた一段とその状況が長くなった。何しろ書評=本の感想と学校図書室がテーマだから、あまりにもツボだ。
ここのところ、ビブリオバトルのことはなんとなく見聞きしていたが、児童書のタイトル、テーマとして、色々な作家に競作させているようだな、位にしか、感じていなかったが、こうして、実際にビブリオバトルテーマの小説を読んでみていると、ずっと昔、書評と言うのはいかに面白そうでも、読者も書評の書き手にシンパシーがないとだめではないか、と漠然と考えていたことを思い出した。ビブリオバトルは、紹介者の色々な意味での「顔」が見えるんだな、その点だとまだ、バトルである必然性は感じないのだが。
さて、本書のヒロインは、好きな男子につられて本を読み始め、彼にアピールするために、ビブリオバトルに参加する、という動機だ。他にも、参加者は、本好きとは限らない、動機は様々、本好きでも参加拒否する子もいる。そこがドラマであり、読者は、そのいずれにも共感できるところがいい。
この過程こそが単なるブックレビュー、今時で言うところのブックトークとの違いか。
バトルそのものだけを考えれば「本」を巡ってなぜ競い合う、と疑問を呈するのは当然だが、競い合うことで技術は向上する、そう、読書感想文のテクニックがこれまでの国語教育には欠けていたのだ、他者の存在とその重要性を意識するようになる、翻って個性も顕現する。
※私自身、韓国の純情漫画(少女漫画)のレビューについて省みるところが大きい。
※絵は、著者のあかね書房からの前作「アカシア書店営業中!」の森川泉、作中にもアカシア書店が「ゲスト出演」している。そして気が付いた、同作に続いて本が媒介する「場」の存在を訴えたかったのかもしれない。
※ヒロインの祖母が本への誘い手としていい味を出している。本は世代をつなぐのだ。
※韓国ネタがあって当然私としてはニヤリ。
※「ビッグイシュー」誌は、私も購入するようになって延べ三百冊位の筈だ。
※ヒロインが最後に紹介する本は、やはり濱野京子だ、と思わせる。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170924) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171001) »

濱野京子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/65856261

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:ビブリオバトルへ、ようこそ! 濱野京子・作。森川泉・絵。(あかね書房):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170924) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171001) »