« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171001) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171014) »

2017年10月 7日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171007)

Yoruwokakerusonbi18「밤을 걷는 선비」(夜を駆けるソンビ)」18巻(ソウル文化社)。原作조주희(チョ・ジュイ)。作画担当は한승희(ハン・スンヒ)。17巻の記事はこちら
いつもの断わりですが、邦題は「夜を歩く士(ソンビ)」が通用していますが、私のこだわりで「駆ける」で最後まで通します。これまたいつもの前口上ですが、ゾンビではない、日本では士大夫ともいう、在野の地主で教養人、人格者でもあり、名士とか名家の旦那をさす。
さて、長期連載もいよいよクライマックスを控え始めたようだ。
17巻で王子(多分後の正祖)や、バンパイアのソンビ、김성열(キム・ソンヨル)が独自に推理した、バンパイア、귀=キィ(漢字語で「鬼」の朝鮮語発音、日本の音読み「キ」と同じようなもの)の朝鮮王朝への襲撃決行日が日食の時であることについて、既に現国王、英祖も、予測していて、王族等を行幸の名目で急遽、宮廷から移動させていて、その上に、清国に向かわせることも手配済だった。この一行に王子らは、ヒロイン、ヤンソンを加えるように手配して、彼女を朝鮮から脱出させるつもりだった。
一方、14巻で、壮絶な死を迎えていたと思われていたバンパイアとなった妓女、수향(スウヒャン)は片腕こそ失ったままだが生き返っていた。しかしヤンソンの前に現れたスウヒャンはもう執着は捨てた、自然を眺めて生きている、と語るが・・・。※あるいは日食の決戦に加わる覚悟かもしれない。
分かれる前に、夜の市場の賑わいの中で名残を惜しむヤンソンとソンヨル。
※原作者チョ・ジュイの後書き漫画は、時代劇のストーリーを考える苦心談の数々を面白おかしく描いている(笑)。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171001) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171014) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/65886016

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171007):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171001) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20171014) »