« テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 バルサ、故郷へ」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )番外篇:韓国の女性SF作家のトークショー »

2017年11月30日 (木)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20171130)

Rure28「RURE(루어)」28巻。서문다미(ソ・ムンダミ)。鶴山文化社(純情漫画誌「PARTY」連載中)。27巻の記事はここ
28巻の帯は「神の意のままに」篇といったところか(=신의 뜻대로)。
※波乱に富んだ展開、多彩なキャラの新・再登場、繰り出されるアイディア設定で、盛りだくさん。粗筋すら書き尽くせない程だが、大きくは、前半と後半の2つの舞台、ハルの隠されていた恐るべき姿の一つが現れるのと、大神女신명화(シン・ミョンファ)の下す号令だ。作者のカリカチュアライズされたタッチが大きく怒涛のうねりを見せて戦慄を覚える程だ。

翅族の村でしばらく過ごすシン・ハルは、徐々にルアーの印章の力が低下していることに気づいて愕然とする。翅の力が本来のもので、ルアーの印章は奪った力だからだ。
ハルは、新たな学びを必要と感じ、志願してきた女戦士二人をつれて砂漠の中の交易都市、ワカに旅に出る。ワカは、この物語で最初にハルたちが訪れた都市だ。
パイルの戦の動きに、ワカも金と人の動きが活発になっている。そして以前に出てきたワカの市長の下に新たに総監マヒルという若き実力者が登場した。
このマヒルがどうも北の大国완・위라이(ワン・ウィライ)の関係者であることをうかがわせる。
そして以前にハルも会ったことがある鳥の姿のルキア、ヨークナーが現れ、このマヒルとも友人だったとかで最後の別れをしにきたという。そしてヨークナーは、ワカの入り口にやってきたハルの前に現れる。
※ここからの絵作りが本当にダイナミック、前半の圧巻。文字通り人が変わったハルがヨークナーを食ってしまった。
具体的な背景はまだ解説がないが、ヨークナーは自覚的に、ハルは無自覚に、この為に、この場所に来たのだった。これがサブタイトル「神の意のままに」だったらしい。
何やら意味ありげな数え歌のようなものをハルは感じ取る。※私で可能なら、後で拙訳を試みたい。
正気に返ったハルを、突然の雨が打つ。天の何者かがハルに語りかけ、その声はワカの人々の頭の中にも入りこんでくる(人々は「天のロクが話している」と)。
後半は延期されていたワン・ウィライの儀式「인신공양(人身供養)」が行われる。
火を焚き、以前にも出てきたこの日の為に神殿に囲われた薬漬けにされた奴隷達は焼かれ、次に貴族の子供達の成人式が続く、大神女シン・ミョンファ自ら剣を取ると、子供達の背から黒い片翼が現れ、この翼を一人ずつ一刀両断していく。
※この凄絶な光景を描写と併せてこれを目撃したパイルのルク将軍の手記という形式で解説していく。
※この光景は群衆に公開されており、貴族の子供達が苦しむ様を眺め、儀式後には神殿から薬草とパンが配られるので群衆は喜ぶ。焼かれた翼の燃え残りは、万能治療薬として人気があり高値で取引される。つまりこれらがセットとなって、神殿の財源、権威、権力が維持されているのだ。
さらに儀式終了後、シン・ミョンファは、高らかに神がかりのように聖戦を宣布する。「空虚」という名の悪神が現れた、皆これと戦え、と。そこに映し出された姿は黒い翼の生えたシン・ハルの姿だった。
この狂乱の夜に紛れて「青い月の一族」のルークは、ヤノクを連れ戻しに、彼の寝所に忍び込むが、ヤノクは拒絶する。曰く「子供がいる。俺の子だ。だから行けない。ルーク兄」と。

|

« テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 バルサ、故郷へ」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )番外篇:韓国の女性SF作家のトークショー »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66078037

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20171130):

« テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 バルサ、故郷へ」 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )番外篇:韓国の女性SF作家のトークショー »