« 本感想:#ソーリ! #濱野京子・作。#おとないちあき・画。(くもん出版) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104) »

2018年1月 3日 (水)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180103)

Anatadakenoaris11「당신만의 앨리스(あなただけのアリス)」11巻。ソウル文化社。허윤미(ホ・ユンミ)作。10巻の記事はこちら
完結。反乱の夜。国王は、アリスをかばって銃弾を浴びる。だが、国王の生死を確認できぬまま、アリスは、時間跳躍し、現代に戻る。そもそもが乗用車ごと川に落ちたのが始まりだったが、瀕死の所で助け出され、昏睡状態から目覚めたのだ。
※国王が果たしてどうなったのかはっきりとは描かれずアリスが嗚咽するばかりだ。これは私の読解では、朝鮮王朝史の常識なので明示されなかったのか、あくまで架空の歴史だったのか分からない。
※またアメリカ舞台で始まった話だと思っていたが、アリスが追い込まれた河は漢江、つまりソウルだったようだ。
職場復帰したアリスは、やはり企業内の派閥闘争の渦中だったらしくて、そこにはどこか国王を思わせる若い重役がいた。国王のイメージを重ねつつ、彼の秘書としてのアリスのビジネスの日々が始まる。
※この作者、漫画の技術はまだ発展途上だと思っているが、今巻での国王への思慕の記憶と、現代の若き経営者との葛藤と両者のイメージのオーバーラップで揺れ動くアリスの心情描写で読ませる。次回作にも期待したい。

|

« 本感想:#ソーリ! #濱野京子・作。#おとないちあき・画。(くもん出版) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66078045

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180103):

« 本感想:#ソーリ! #濱野京子・作。#おとないちあき・画。(くもん出版) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104) »