« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104) | トップページ | テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第6回「戦下の別れ」(20180106) »

2018年1月 6日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180106)

Concours9「더 콩쿠르 the concours (ザ・コンクール)」9巻。정설화(チョン・ソルファ)作。ソウル文化社。8巻の記事はこちら
フランス仕込みの新鋭の韓国青春漫画の第9巻。表紙の着飾った女性が手に持っているのはハンマーと鑿(のみ)である。つまり、このキャラがバイオリン工房の이향이(イ・ヒャンギ)。
ダンカン・オーヘイの回想篇である8巻の続きでは、手首を切ったチェギョンは亡くなった。そして彼女の遺品であるバイオリンが、ダンカンに任され、そのバイオリンがコンクールの賞品となるのだ。そして6巻辺りでコンクール会場に現れた謎の中年女性が、チェギョンの母であり(つまりダンカンの義母でもある)、ダンカンこそがこのコンクールを管理していたのであり、さらに、パイオリン工房のイ・ヒャンギは、8巻の回想に登場していた、少女時代はやはりバイオリン演奏を学んでいたが、姉チェギョンや義兄であるダンカンにはかなわないことを悟って、演奏者を諦めた、チェギョンの妹の成長した姿だった。
コンクールが仕切り直しとなり、一端帰宅、登校した主人公の高校生안호경(アン・ホギョン)とホギョンの親友にしてコンクールのライバル、성의주(ソン・ウィジュ)。校内には二人の活躍を祝す横断幕が掲げられ(※日本の学校と同じようなもの)。騒ぎとまではいかないが学校側は大喜びだ。しかし定期試験目前であり、ホギョンに関してはこっちの結果は散々なようだ。
そして友人達からは既にネットでコンクールの不正がスキャンダルな話題にあふれていることを知らされる。
一方イ・ヒャンギは、バイオリンの修理にすっかり自信を喪失し、ホギョンに貸したバイオリンのサウンドポストの修理も他に回す。師匠からのイタリア留学の勧めにも返事が出来ない状態。
そして次の審査は、オーケストラとの共演だが、リハーサルに行ったホギョンは困った。オーケストラと指揮者との共演もまったく未経験でどうやっていいかさっぱりわからない。とりあえずウィジュの薦めてくれたソロバイオリニストとオーケストラの共演の映像を音楽室で視聴して見様見真似で練習するのだが、その映像は故チェギョンが生前、今回の賞品のバイオリンで演奏する姿だった。
※他のコンクール出場者の各人各様の人間模様も挿入され、ドラマもペンタッチも既に達者なものだ。作者の後書き漫画は、購入した自転車に対する興奮振り、の近況を伝える。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104) | トップページ | テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第6回「戦下の別れ」(20180106) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66236824

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180106):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104) | トップページ | テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第6回「戦下の別れ」(20180106) »