« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180310) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180331) »

2018年3月24日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180324)

Rure29「RURE(루어)」29巻。서문다미(ソ・ムンダミ)。鶴山文化社(純情漫画誌「PARTY」連載中)。28巻の記事はここ
29巻の帯は「空虚」篇(=공허)。
※もはや、ヒロイン、シン・ハルが全てのドラマの背景にあるとはいえ、ダイナミックに同時多発的となり、完全に多視点ドラマと化している。
「青い月の一族」のヤノクが、北の大国완・위라이(ワン・ウィライ)の大神女シン・ミョンファの夫となり、連れ戻しに来た兄ルークに「子供がいるから、帰れない」発言に対してルークは、「俺も残る」と言い出した。
※ここから数ページはギャグシーンとなり、ルークが、種族の過去の記憶を有し、共感能力に卓越した青い月の一族の子育てがいかにデリケートなものか、具体的にまくし立てている。つまり超能力SFのパターン、テレパシストが心の平衡を維持するのにいかに苦労するか、という話だ。ヤノクは子育てのことは何も知らないのだ。
そうこうしているうちに、近衛兵とシン・ミョンファに包囲されたが、表面的にはミョンファは、ルークを歓迎する。そして青い月の一族とルアーの混血について、難しい解説をする。以下抄訳を拙訳で試みる。
『青い月の一族の転生術の本質は、ルディムナと交流、子孫の生成だ。その呪術を生み出したルアーの一族、ハベク(河伯)は最善を尽くした。だが、真の解決策は男ルアーではなく、女ルアーしかできない。私は過去ルアーだった。ルアーは全ての世界と調和を成す存在であり、全ての世界の調和を探す存在だ。時空を旅する力は失ったが私が生む子は、青い月の一族でもルディムナと調和を図る存在となるのだ。排斥され続けたお前の一族がついにルディムナの種族になるということだ。転生術が無くても子孫の繁殖が可能、ルディムナの生命体が青い月の一族に拒否感を持たなくなり、術師は、青い月の一族を判別できず、今のように隠れて生きなくてもいい。同時に青い月の一族の呪いである転生が消える。』
※果たしてこれは、青い月の一族にとって本当に恩恵なのか、読者にはまだ不明だ。
一方ワカでルキア、ヨークナーを食ってしまったハルは、従者二人とともに砂漠の飛行生物ルマーニャに飲み込まれる。その中でハルは三人の女を幻視する。
※ここから舞台劇の演出のような絵が展開する。以下、拙訳で抄訳。
「私は空虚の存在」「私はソネッティの子」「私はルアーの印章」
三人揃って「お前を成す根本だ。我ら三人でお前を誕生させた。誰も予想できないことだった。」
※つまり、三人が個々に望んだが、それが一人の子になって現れるとはだれも望まなかった。ハルは望まれて生まれた子ではない、というのだ。だがハルは宣言する。
「私はルアーではないし、翅族でも、空虚の存在でもない。でもルアーと翅族の力、空虚の存在を持っている。私は生きている」
そして、ハルは目覚める。すると旅の道連れだった幻獣が眠り続けて目覚めない。とりあえずやることは決まった、とルマーニャで、この幻獣を治療してくれそうな術師を巡る旅を始めた。
そして、パイルではミュールゲン国王とタマル王子の内戦だが、王子の連戦連勝。その渦中でタマルは軍師からミュールゲンが消えたという噂を聞く。
実は、ミュールゲンは消えたのではないが、城内奥深くに引きこもっている。まだ詳細は描かれないが、眠ると、シン・ミルの呪術に限られた時間だけ、精神が閉じ込められるようだ。それでかなり衰弱している。ミルの傍ではハルの幻獣の精神だけが存在していて、これがミルの呪術を増幅しているらしい。
そして今、シン・ミョンファがミルの前に姿を現した。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180310) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180331) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66530387

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180324):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180310) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180331) »