« 漫画家は昭和の #記号表現 を本気で見直す時ではないか | トップページ | 本感想:#ドリーム・プロジェクト #濱野京子・作。#やぼみ・装画・挿絵。(PHP) »

2018年5月20日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180520)

Ferua10「펠루아 이야기 a Tale of Felluah (フェルア物語)」10巻。김연주(キム・ヨンジュ)。鶴山文化社。9巻の記事はこちら
※初版限定特典としてイラストカード4枚が添付されていた。
※本編はいつまにかフェルアの城内に戻っていたらしい。あるいは私が例によってどこかで読み違えていたか?
親衛隊の紅一点、ジュルスの双子の兄弟、ノックスがしきりにオルテーズに粉を掛けてきているようだ。当然、オルテーズにその気はないが。
インターミッション風のエピソードは、妊娠中のアンナ夫人(確か親衛隊の誰かの奥さん、だったかな?)とジュルスと侍女を一人連れて「徒歩で」城下の書店に、本編に時々出てくる話題、人気ロマンス小説「ユディットとチギスムント」シリーズの新刊、第五巻を買いに行く話。
そして、国王夫妻御一行が冬の別宮に行く途中、フェルアに寄ることにした、というのでその接待準備の様子など。
※作者の後書き漫画は、この国王接待晩餐の余興としての、アントルメ(Entremets)に関する蘊蓄。そして「宮廷夫人たるオルテーズがよく歩いて出かけるのは馬車を描きたくない誰かの怠慢です、とかいう言い訳。これで思い出したが、以前に作者が馬車というのは調べると意外に正確に描き辛いとぼやいていた。
※今春、作者のもう一つの長期連載「Nabi(ナビ=蝶)」が完結したので、当分、いつもの形容だが、インディーズ系ともシュールとも異なるキム・ヨンジュの表現力だけに許されたのんびりムードの漫画に焦点を合わせることになりそうだ。

|

« 漫画家は昭和の #記号表現 を本気で見直す時ではないか | トップページ | 本感想:#ドリーム・プロジェクト #濱野京子・作。#やぼみ・装画・挿絵。(PHP) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66723979

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180520):

« 漫画家は昭和の #記号表現 を本気で見直す時ではないか | トップページ | 本感想:#ドリーム・プロジェクト #濱野京子・作。#やぼみ・装画・挿絵。(PHP) »