« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180520) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180602) »

2018年5月31日 (木)

本感想:#ドリーム・プロジェクト #濱野京子・作。#やぼみ・装画・挿絵。(PHP)

Dreamprojectやはり私にとって濱野京子とは共感の作家だ。一目でわかった、クラウドファンディングだな、と。わたしもここ数年、企画の経験はないが、常に何か企画に投資、応援し続けている。身の回りを、購入品、リターンがいくつか取り囲んでいる。
※ここで変則的なレビューだが本を読む前に私のクラウドファンディング体験の感想を記しておく。まず応援は投資とは限らない。私の経験では、私が金を出すことより、企画参加の呼びかけを何度もリツイートする方が、企画が達成した。私のおかげだというつもりは全くないが、そういう心掛けが大切だ。経験から、残日数僅か、低達成率でも毎日リツイートすると驚く程土壇場で大逆転、達成する。だから私の応援した企画のほとんどに私の名は残っていない。
※目標は達成し資金は集まったが結果的に結実しなかった企画もあった。でも落胆や怒り失望はなかった。企画者を責める気にもならなかった。夢に投資した、でも上手くいかなかった、それだけの話だ。
※不遜ながら企画についても意見を。企画者はサイトを出来るだけ更新すること。
※桁違いの投資規模の企画を成功させてきた人物が政治家とのコネはやはり大事だ、とコメントしていたことがあるが、これも傲岸不遜ながら「甘い」!と言っておこう。そんな心掛けでは思いがけないところで足元を救われるぞ。
さて、本の感想に戻そう。
表紙カバーを外すとさらに装画の上にクラウドファンディングの模式図を被せた、一ひねりした装幀になっていた。
上記の自分の体験と自然に比較し一喜一憂しながら読んだ。
本書を読むと従来の募金との違い、その利点がよく分かる。募金活動自体は子供でも出来るが金集めというハードルは高い、集めた現金の管理責任も重い。
クラウドファンディングは企画自体は子供でも出来る、ということが本書が児童書であることでよく分かる。一方でインターネットという口コミによる参加、応援、クレジットカード利用による資金管理が大人の仕事、管理責任であることが明確であり、かつ便利。
なんだか、解説、学習読み物みたいな印象になったが、無論、本書は小説。そこには文字通り老若男女、家族親類から、友人、コネ、赤の他人まで、個性豊かな人から無名の人まで、一つの目標の為にだが、各自必ずしも一丸にならずとも(⇒却って一丸になると大政翼賛、近視眼を招きかねない)、無理しなくても、一人一人の持ち味を活かしていけば、なんとかなるという、所謂根性ドラマとは対照的なアイデンティティの魅力が肩の力を抜いて読める。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180520) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180602) »

濱野京子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66780155

この記事へのトラックバック一覧です: 本感想:#ドリーム・プロジェクト #濱野京子・作。#やぼみ・装画・挿絵。(PHP):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180520) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180602) »