« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180617) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180816) »

2018年6月30日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180630)

Mumyouki9無明記(무명기)」第9巻。윤지운(ユン・チウン)作。大元CI。8巻の記事はこちら。절 (=チョル=絶)先生と呼ばれる医師。身の回りの世話をしている侍女は풍원(プンウォン)漢字は、風園または豊園。先生の昔馴染らしい男、無盡(ムジン) 三人を中心とした中華圏時代劇奇談集。
チョル先生とムジンの回想記が続く。中央アジアと思しき地で戦が始まり、ムジンは頭角を現しつつある若い武将、チョル先生も軍医として同行し、戦に明け暮れ、野営地での兵士の治療に血生臭い、張り詰めた日々を生き抜いている。
※セリフがかなり難しくて、実際の歴史に基づいた描写か、全くのフィクションか私の読解力ではわからない。
そんな野営地のゲルの中で治療を受けて過ごす夜という舞台で、チョル先生を相手にさらにムジンの回想が始まった。今度はムジンの生まれる前、ムジンの両親の若き日のエピソードが始まり、ムジン兄弟の少年時代のエピソードが続く。ムジンの父も母も才知に長けた人物だったが、それ故に生き方が激しく対立、不仲になっていった。その状況を目の当たりにしながら成長していく兄弟は、孤立した母が合法的に家を出て、故郷へ帰還させてやれる手段を講じる為に立身出世を求め、文武に励んでいく。
※この辺りの各キャラのセリフがかなり(私には)難しく、正確な把握がまだできていない。
※今巻の作者の後書き漫画は、取材中に知った、中央アジアでの中世の戦時、飢餓を防ぐ方法として兵馬の血を抜いて飲み、あるいは遊牧民の羊の臓物を生で食って栄養を補完したという歴史を若干引き気味に紹介している。あるいはモンゴル馬は体が小さくて足が太くてあまりかっこよくないという印象を描いている。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180617) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180816) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66887061

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180630):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180617) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180816) »