« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180818) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180916 ) »

2018年8月20日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180820)

Harukun5「하루꾼」5巻。鶴山文化社。보민(ポミン)作。4巻の記事はこちら。 人間の不幸の時間を食べる存在「ハルックン イヴ」とさらにその不幸から増殖した?ハルックン達を狂言廻しとした、人々の様々な不幸を描く連作。※私はこの「ハルックン」をどう訳すべきかわからないまま、遂に「第一部完結。ご愛読ありがとうございました」が表記されてしまった。
今回収録エピソードは、最後のオールカラーの短編は、ある野球少年の最後の一球に対する選択を描いた小品。プレ最終回のほぼ一冊を占めるエピソードは、文字通り不幸を描く、一口で言えば「資本主義の寓話」とでもいうところか。
貧しい港町にやってきた帆船は、多くの金銀財宝を積んできで、その財貨で村で交易、というより、町でほぼ一方的な買い物をして、村を潤した。
物語の中心は、その船の乗船者として姿を見せる二人と、その港町で裁縫職人の少女と細工物を彫る職人の少年。
だが、外部から戦争の影が忍び寄り、国の為政者の無能が噂され、少年にはこの町を出て贋金作りの誘いがかかる。
この船の二人の正体がハルックンだったようで、船から突然、金銀財宝が消えてしまう。町の人々が二人をいくら責めても、二人を庇った少年と少女にも何も答えず、戦火が突然町を襲い、船も砂上の楼閣のごとく消え失せた。だが少年と少女は、むしろ晴れ晴れとした表情でまた日々を生きる決意をする。
※輪郭線をあいまいに見せる描き方、登場人物名を全てアルファベット一文字にするなど、実験的な作風と寓話的な展開で貫いた。これらが成功していたかは疑問だが、次回作も期待させるには十分だった。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180818) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180916 ) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/66975690

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180820):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180818) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180916 ) »