« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180919) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181004) »

2018年9月28日 (金)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180928)

Yoruwokakerusonbi20「밤을 걷는 선비」(夜を駆けるソンビ)」20巻(ソウル文化社)。完結。原作조주희(チョ・ジュイ)。作画担当は한승희(ハン・スンヒ)。19巻の記事はこちら
※先ず毎度同じ、しかしこれが最後のお断わりですが、邦題は「夜を歩く士(ソンビ)」が通用していますが、私のこだわりで「駆ける」で最後まで通します。
※これまたいつもの、そして最後の前口上ですが、ゾンビではない、日本では士大夫ともいう、在野の地主で教養人、人格者でもあり、名士とか名家の旦那をさす。

決戦の日食は続く。ヤンソンは生きていた。キィが常用していた薬に予め毒を盛っていたらしい。ヤンソンが噛まれる直前に、キィは血を吐いた。決戦時には全身に毒が回っていた。決戦に、美女スウヒャンもソンヨルに加勢する。最後に老王に一矢報いようと飛び掛かったキィだったが、自分に良くしてくれた亡き王子に変身し、歴代の王達を幻視して、老王の胸に抱かれようとして、太陽光に焼かれ消滅してしまう。
一方、ソンヨルは、ヤンソンを始めとして、皆が布を被せて助かった。
決戦は終わり、日食は明け、ヤンソンとソンヨルは山に籠って暮らし、王子は王に即位。以前から出てる虎狩人か護衛兵か隠密かよく分からない人は、あくまで宮廷に雇われた狩人だった。数年後に、宮廷を出た狩人が山にヤンソンを訪ねると、ソンヨルとの間に男子を成していた。ソンヨルは日中は山中を放浪し、夜になると館に帰ってくる生活をしていた。
さらに時を経り、ヤンソンが亡くなると、ソンヨルは、やはり不死のスウヒャンに息子を頼むと文を送って山に姿を消した。
スウヒャンは青年となったソンヨルとヤンソンの息子の前に現れ、人間の世界に彼を誘うのだった。
※原作者チョ・ジュイの後書き漫画は、これまでの紙漫画からウェブ誌への掲載媒体の激動など時代の変化を振り返り、最後の謝辞を描いて本当に完結。
※また一つ長期連載の純情漫画が終わった。美しく妖艶な絵と壮絶なバンパイアアクション、娯楽性たっぷりのドラマ展開。何も不満はなかった。面白かった。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180919) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181004) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/67217916

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180928):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180919) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181004) »