« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181008) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181029) »

2018年10月13日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181013)

Concours10「더 콩쿠르 the concours (ザ・コンクール)」10巻。정설화(チョン・ソルファ)作。ソウル文化社。9巻の記事はこちら
フランス仕込みの新鋭の韓国青春漫画。
仕切り直しコンクールのオーケストラとの共演を前に主人公の高校生안호경(アン・ホギョン)の親友にしてコンクールのライバル、성의주(ソン・ウィジュ)は腕のあちこちに痛み止めの注射を医師にしてもらっていた。一見表情変化のないクールな母親は、このコンクールにこだわる息子の真意をつかみかねていた。
そしてコンクール、オーケストラとの共演が始まった。天才肌のバイオリニスト達が各人各様の表情を見せる。
コンクールを辞退したダンカン・オーヘイは、正式にプロデューサーとして進行管理活動をする。
先ず天才少年ベン・クレイは経験したことのないプレッシャーに敗れた。対照的にホギョンは、直前までの緊張が、いよいよ本番となると、スタジオ練習の代わりに利用したトンネル内の練習を想起してオーケストラと夢中で共演し天才性を発揮する。この試験はホールに観客を入れて公開されたが、ホギョンの父母兄姉達も招待された。何の専門教育を受けたこともないホギョンの見たこともない晴れ姿に、父母は涙し、読者のこちらももらい泣きだ。
次の米国女性ドナ・レボはロックでもやりそうな挑発的な衣装で現れる。同時にウィジュは控室に入るが、さらにその一方で、ホギョンに、辞退したリサ・ノビアの関係者だったバイオリンのコレクターが接触、バイオリンの製作者を確認したいだけだといって、立ち話でホギョンのバイオリン(バイオリン工房のイ・ヒャンギから借りている)の記名をチラ見して「わかった」と言って立ち去った。これも何かの伏線だろうが、コンクールはまだ続く。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181008) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181029) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/174938/67253362

この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181013):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181008) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181029) »