« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181226) | トップページ | 本感想: #この川のむこうに君がいる #濱野京子 作 理論社 »

2018年12月30日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181230)

Ferua11「펠루아 이야기 a Tale of Felluah (フェルア物語)」11巻。김연주(キム・ヨンジュ)。鶴山文化社。10巻の記事はこちら
※初版限定特典第2弾として10巻に続いてイラストカード4枚が添付されていた。
国王夫妻御一行がお立ち寄りになった。詳しいことは読解できなかったがライスル侯爵夫妻がこれに同行している。
という訳で今回は、ライスル侯爵夫人つまりイグレインとオルテーズのアシアスを巡る恋の鞘当てが中心。
城の中でかつてここで暮らした思い出に浸るイグレイン。
晩餐の後の真夜中、月明かりの下、二人だけで踊るアシアスとオルテーズ。ロマンチックな場面。
ところが翌日、皆で狩りと森の中で散策。ここでの会話の中で、イグレインとアシアスにもこれと同じことがあったと、イグレインから(誰のこととは言わないが誰のことかは明らかに)語られた。二人ともお互いポーカーフェースだが嫉妬にかられたのだ。
ここでまたしてもオルテーズの突発的奇行が炸裂(笑)。「アシアス・ラブレイ」と叫ぶと彼に飛び掛かり、つまり何をするつもりか分からなかったが、結果としてつまずいて彼に頭突きをかましてしまった。
その晩、恥ずかしくて枕から顔をあげられないオルテーズ。今は言いたくない「なぜあなたはイグレインと同じことを私としたのよ!」とは。だがアシアスは何か察したらしく「わが伯爵夫人は嫉妬が爆発したことを絶対認めたくないということか」
「すまん。オルテーズ。考えが浅かった」「あの女は何年この城にいたの」「15年ぐらい」「私もそれだけこの城にしっかり暮らさなければ」
※描きようによってはドロドロした展開になりそうなエピソードもキム・ヨンジュの端正でシャープな線で描いた美しい城内や田園風景を背景とすれば牧歌的な世界に映る。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181226) | トップページ | 本感想: #この川のむこうに君がいる #濱野京子 作 理論社 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181230):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20181226) | トップページ | 本感想: #この川のむこうに君がいる #濱野京子 作 理論社 »