« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190114) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190202) »

2019年1月26日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190126)

Yonpunon2「ヨン、プンホン(연. 분홍)」2巻。サブタイトルが「花のワルツ」。이로모(イ・ロモ)作。鶴山文化社。「PARTY」誌連載中。連載はモノクロだが、この単行本は全編カラー漫画。1巻の記事はこちら
バレエ学校の教師、ユ・ミラの過去が描かれたが、娘は亡くなったらしい。しかしミラのモノローグは「私は娘を愛してやれなかった」と心の闇のようで、具体的なことは、一冊の絵本のことのみ。
この絵本は、「猫は全て知っている」という、友情と個性をテーマとした、作中世界では割と有名なロングセラーのようだ。そして、この絵本が、ミラと、バレエ学校に通う15歳の少女노하(ノハ)と、美しい二人のバレリーナ、ソンウ・ヨンとフィル・プンホンをつなぐようだが、まだはっきりしない。
ヨンとプンホンは、幼いころからバレエをやっていて、今の二人は、ドイツでかなりの修行を積んで帰国、今後の所属先を探しているところで、このバレエ学校は、プンホンの母親が経営しているらしいが、二人はここの所属ではなく、このバレエ学校を随時稽古場として利用しているだけらしい。
この二人の過去のエピソードも度々挿入されるのだが、ヨンの視点では、プンホンは幼い時から可愛くて、輝いていたという。それが、青春時代にヨンはフランスの交通事故で両親を失い自分だけが生き残り帰国、失意の時、声をかけてきたプンホンは、むしろとても大人に見えた、という。
そしてヨンの方は、このバレエ学校に入団を決めた。プンホンはこんな小さなバレエ団ではあなたの経歴には不十分だと反対するのだが、私は直ぐに主役になりたい、だからこの小さなバレエ団がいい、と。
※ミラと、ヨン、プンホン、この三人の語り、会話も色々描かれているのだが、これらをうまくまとめて各々の心情を把握するには、まだ難しい。これからの展開が気になる。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190114) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190202) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190126):

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190114) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190202) »