« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190317) | トップページ

2019年4月 5日 (金)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190405)

  • 「無明記(무명기)」第11巻。윤지운(ユン・チウン)作。大元CI。10巻の記事はこちら
    절 (=チョル=絶)先生と呼ばれる医師。身の回りの世話をしている侍女は풍원(プンウォン)漢字は、風園または豊園。先生の昔馴染らしい男、無盡(ムジン) 三人を中心とした中華圏時代劇奇談集。
    ※チョル先生とムジンの回想記がまだまだ続く。相変わらずセリフが難しくて、実際の歴史に基づいた描写か、全くのフィクションか私の読解力ではわからない。
    ムジン兄弟の要請で、日々亡父の妾の体調を管理することになったチョルと妾の葛藤は続く。
    ここに作者ユン・チウンの卓越した心理描写と優れた漫画技巧が冴える。
    彼女は美しく兄弟前でのしおらしい態度と異なり、彼女の真意を疑うチョルの前で取り繕う様子はない。むしろ積極的に語りだした。最初にムジン兄弟の父から逃亡をしようとした時、罰として両足の腱を切られた、惨い話だが、すると彼を挑発して、彼女の夫を殺させて復讐した。しかし一方で、チョルが彼女を診るようになってからも時々亡き夫の悪夢を見て苦しむ。
    したたかなようだが具体的な野心を燃やしてみせる訳でもない。そうこうしているうちにムジンが彼女と寝てしまった。
    まだまだこのムジンとチョル先生の回想は続くようだが、この女性の複雑な人間像にこそ精彩がある。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190317) | トップページ

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190317) | トップページ