« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190816) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191020) »

2019年8月30日 (金)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190830)

Tiara18 「Tiara(ティアラ)」18巻。原作이윤희(イ・ユニ)。漫画카라(カラ)。ソウル文化社。17巻の記事はこちら.
※本当にいつものことだがこの作品、次々と新設定、新キャラが登場して、要約が大変。
ようやく再会したサセニア王女(セヌー)は一度死んだ?おかげで、王位継承者の儀式「アジェンドの涙」で失った感情を回復していた。こうして再会を喜び合えるフェイだが、17巻でも皇太子との権力争いを見せていた皇帝のお妃がさっそくその家門の能力で攻撃を仕掛けてきた。しかし、第三王子サンリョンの能力で遮られ、実の息子で第二王子のサンホにも止められる(※彼は今の所、母親と違ってひょうひょうとして権力争いの気はない。彼は、リューン帝国の家門の能力の発現を感じ取る能力があるらしい。)
皇太子サンレーと妃がしきりに、セヌーと誰かが似ていると、モノローグしている。それが、皇太子の昔の婚約者らしい。
ここで、皇帝が三週間振りに目覚めたという知らせが入る。そして、この世界の長命種族エランやフラシアンは、寿命が長い代わりに、長い眠りに入るという設定がキスチェルからフェイに説明される。
リューン帝国皇帝の姿は未だ読者に明かされないが、政務のブランクを埋めるために、サンレー、サンホ、サンリョンも皇帝に謁見の為、宮廷内に能力者家門の者がいない隙をついて、妃が今度はフェイ達に魔獣を仕掛けてきた。そこで、フェイ自身の能力が発言した。時空間を越えて鳥人形態の魔人と意思疎通し召還し、魔獣を撃退した。
一方アジェンド帝国側では、フェイロン国王(アキ(アーケランス)第二王子の兄)アーセルスは、16巻で古の神の門で受けた衝撃で、家門の能力を発現できず、籠り切り。ウェイ王国のレイラン王女に助けられたアキは、レイラン王女の連れてきた錬金術師ケイ特有の治癒力でケガを治す。さらにいかなる目的か?ケイは、かつての「第一王女の乱」といわれる今のアジェンド帝国皇帝の妃がリューン帝国の刺客に暗殺された事件、「第二王女の乱」と言われ「엘세스 마이아(エルセス・マイア)アジェンド帝国・オレン王国女王、衛星都市キフレンの王女」とリューン帝国を巡る謎の事件に鍵があるとほのめかす。
リューン帝国では、フェイの様子や力を見たセヌーは、ロストチャイルドの能力ではない、フェイ自身固有の家門の力だ。それをわからぬ筈のない皇族審判官が禁忌の力を使った=反逆罪とみなすのは奇妙だ、と女性護衛騎士クレンシア・カストリスに打ち明けた。アジェンド、リューン両帝国の王族の思惑に疑念を感じたクレンシアは、リューン帝国からの脱出を決意し、クリスチャン・カストリスの提案に乗り、秘密の非常口にフェイら一行を導く。
巻末の解説によると、リューン帝国の家門の権力は、古の神々の力をどれだけ多く受け継いでいるか、能力の大きさで決まる。能力は古の神の力だけでなく、家門特有の能力もあるという。















|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190816) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191020) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190816) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191020) »