« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190806) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190830) »

2019年8月16日 (金)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190816)

Lovelyugly4「러블리 어글리(Lovely Ugly)」4巻。이시영(イ・シヨン)作。大元CI。3巻の記事はここ
ヒロイン、イ・ルナが見る人物相関図では、なぜルナには「Lovely」シ・ナモンには「Ugly」なのか、は依然不明なまま。
4巻でも見せ場だったの恋愛相関図は遂にでない。だがさらにいちゃつくカップルの新キャラまで登場。
先ず、インターホンに現れたナモンの元カノは、ナモンの12歳年上の義母だった。元々はナモンの中学校時代の先生だった。
なんでそんなややこしいことになったのか詳細な説明はないが、少年時代の痛い恋愛の思い出の所為で、ナモンは、あまり彼女と仲は良くないようだ。
しかしルナが、ナモンの彼女としてあいさつすると、この時、相関図ではなくて、ルナに対する、負の感情ばかりが表出された。
何か気づいたのかナモンが、ルナの目を塞ぐ程だった。だが、この女性とナモンとのドラマはこれ以上深入りはなし。むしろナモンとルナがますますいちゃつく。
そして新キャラが男性二人、オールとソントが登場、芸能事務所所属で、新ユニットでデビューを目指しているのだが、なぜこんな唐突に、と読者が思うところで、このシェアハウスの以前からの入居者で、後からルナが大学に入学し、入居して来たときに挨拶と激励を受けた所為でオールがルナに一目惚れ、しかしソントはオールが好きだった。
二人がスタジオで歌のレッスンに励み、お互いを認めあうことに加えて、ソントはルナから「二人は、十分条件を備えている。十分に好きあっている」と妙な激励を受ける。描写はされていないが、ルナには二人の相関図が見えていたのかも知れない。
そしてオールはルナとナモンがそうなったのを目撃、ショックを受けたのだが、ソントには見ているしかない。
そしてシェアハウスの一同での飲み会。初めてルナからナモンを紹介されたのだが、この時、ナモンの方が何を血迷ったか、オールとソントを見て、知る人ぞ知るカート・ヴォネガットの昔の講演録より
「思い切り親にショックを与えてやりたいけれど、ゲイになるほどの勇気がないとき、せめてできそうなことといえば芸術家になることだ」(※円城塔訳「これで駄目なら」より引用)
を引用した。芸能人、アイドルもれっきとした芸術家の一員だという流れのセリフの締めの言葉だったんだが、今となっては「親にショック」=「ゲイ」云々は性差別と成り得る。
※私はストーリーそのものより独特な表現手法に関心が向いていたのだが、それらが抑制され、新コンビ登場に加え、ナモンの天然か危ないのかよく分からない面が現れて新展開となるのか、また先が読めなくなった。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190806) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190830) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190806) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20190830) »