« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191020) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191103) »

2019年10月26日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191026)

Ferua12「펠루아 이야기 a Tale of Felluah (フェルア物語)」12巻。김연주(キム・ヨンジュ)。鶴山文化社。11巻の記事はこちら
※初版限定特典第3弾として11巻に続いてイラストカード4枚が添付されていた。
※私はこの漫画を読み始めた時は、アシアスは、他所の若い領主達と革命でも起こす陰謀を巡らしているのかとも思っていたが、ここまで来るとうがち過ぎだったか?とも思うようになった。何か起こりそうで起こらない、のほほんとした(笑)展開で長期連載を引っ張って「魅せる」筆力もキム・ヨンジュにはある。
11巻に続いて、滞在中の国王一行に随行中のライスル侯爵夫人、イグレインは、夜宴中になんとかアシアスに接触しようとするのだが、回廊を巡って彼に近づこうとする、次から次へと、主な登場人物達と対峙してしまい、思わずモノローグ「全宇宙が私を邪魔しているの⁈」はっきり言ってみんな表面的にはイグレインに敬意を表しているが、対話は緊張感をはらみ優しくはない。
さらに、その中でも10巻では、しきりにオルテーズに粉をかけていたように見えた親衛隊のノックスがイグレインの未練に対して厳しく接して二人の対話が続く。またしてもイグレインのモノローグ「いつから私の故郷は私の涙と同じ意味となったのだろう」。そして国王一行はフェルアを離れた。続いてインターミッション的なエピソードは、同じく10巻では妊娠中だった親衛隊の誰かの妻、アンナ夫人が出産。
続いて今度は、突然、オルテーズの実母が、オルテーズの妹マリナだけを連れて来訪。オルテーズとアシアスの二人に、子供は未だなのかとプレッシャーをかけるが、はっきり言ってこのやり取りはコメディだ。というところで続く。



|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191020) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191103) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191020) | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191103) »