« #韓国のSF小説雑誌「#오늘의SF #1」(「今日のSF」)創刊。#정소연 (#チョン・ソヨン) 氏等編集 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200111) »

2019年12月15日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191215)

Tigau5「이건 좀 아닌것 같아 !」5巻。한송이(ハン・ソンギ)作。ソウル文化社。原題は、訳すと「これ、ちょっとないんじゃない!」位のところか。全編カラー。4巻の記事はこちら
※お約束の前振り⇒「絵」というか見せ方そのものは普通なのだが、設定が特異なので、また書いておくが『24歳の女性、ヒョンビンは、異界の存在が見える。自らを「울(ウル)」と名乗る異形のモノ達にとって彼女は、捕食者のヒエラルキーの最上位に位置するというのだ。基本的には、日本の漫画でもよく見られる、いわゆる「霊とか異界・異形が見える体質」の女性の話だが、韓国人が描く鬼神やトッケビ(おばけ)はかなりグロテスクでエグいのが特徴で、ここで描かれる「ウル」もなかなかユニークだ。
ヒョンビンの相棒となったのは、祖先は異界の蛇で、文字通り地を這っていきる己に幻滅し、人間になりたくて、人の姿になった末裔が、ヒョンビンと出会ったら、捕食関係の気質が現れてしまった21歳の青年チ・ヨジュン。』
さて、5巻では、ヨジュンの母、大蛇のお化け?精霊?が、人間の女の姿になって現れ、二人を見て、なぜか昔話を始める。山の中で暮らす若い夫婦の愛と悲劇だったのだが、このエピソードで、謎の青年チョンスの正体が白い小鳥で傷ついていたところをこの大蛇に助けられ、大蛇の眷属となって人間の姿に成れたことが分かる。
若い夫婦の愛と悲劇を見届けた大蛇は、チョンスに二人で人間になるか、と持ち掛けた。大蛇が脱皮した後、その皮膚を自分で食わなければ徐々に力を失っていくというのだ。だが、人間を軽蔑していたチョンスは、大蛇が脱皮した皮膚を食って力を身につけた。その後もその力で他のウル達を食い続けて力を維持し続けているのだ。
話し終えた大蛇は、一時的にヨジュンに憑依して、ヒョンビンと一緒に久し振りに人間界に下り、休学の更新手続きをしに大学に行ったヒョンビンに同行した。美形のヨジュンを連れてキャンパス内を歩いたヒョンビンを巡り学生達の憶測が飛び始めたところで続く。

|

« #韓国のSF小説雑誌「#오늘의SF #1」(「今日のSF」)創刊。#정소연 (#チョン・ソヨン) 氏等編集 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200111) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国のSF小説雑誌「#오늘의SF #1」(「今日のSF」)創刊。#정소연 (#チョン・ソヨン) 氏等編集 | トップページ | #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200111) »