« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:番外編 #今日本人に一番薦める韓国純情漫画 #安倍晋三内閣退陣 #現行自民党主流派一掃 | トップページ | #韓国の現代SF小説「#となりのヨンヒさん」ついに刊行。#チョン・ソヨン 作。集英社。#吉川凪 訳。 »

2019年12月 8日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20191208)

Tigau4「이건 좀 아닌것 같아 !」4巻。한송이(ハン・ソンギ)作。ソウル文化社。原題は、訳すと「これ、ちょっとないんじゃない!」位のところか。全編カラー。3巻の記事はこちら
今巻でも「絵」というか見せ方そのものは普通なのだが、設定が特異なので、以下、同じ前振りを書いておくが、『24歳の女性、ヒョンビンは、異界の存在が見える。自らを「울(ウル)」と名乗る異形のモノ達にとって彼女は、捕食者のヒエラルキーの最上位に位置するというのだ。基本的には、日本の漫画でもよく見られる、いわゆる「霊とか異界・異形が見える体質」の女性の話だが、韓国人が描く鬼神やトッケビ(おばけ)はかなりグロテスクでエグいのが特徴で、ここで描かれる「ウル」もなかなかユニークだ。
ヒョンビンの相棒となったのは、祖先は異界の蛇で、文字通り地を這っていきる己に幻滅し、人間になりたくて、人の姿になった末裔が、ヒョンビンと出会ったら、捕食関係の気質が現れてしまった21歳の青年チ・ヨジュン。』
4巻は、3巻のエピソードの続きで、愛嬌のある竜の主(竜神か、河の神かよく分らない)が、泣き暮らしている。親友のようにして飼っていた虎が亡くなってからずっと自分を責めている。その主が髪の長い美形だったので、ヒョンビンは冥界に降りて(文字通りエレベーターで)、虎にその思いを伝えてあげることにした。そこは所謂地獄という感じでなくて、花の咲いているような所で、詳細は不明だが、どうやら人や神々に飼われていた動物達の霊も来ている所らしい。後は、虎と主がお互い一緒に暮らして幸せだったとヒョンビンが伝えた。
その後のエピソードもアルバイト先の女性が飼い猫を亡くして気を病んでいるので、死んだ猫の霊の気持ちを彼女に通訳して慰める。
次回への引き、としては、ヨジュンがヒョンビンを母親に紹介する。これが恐ろし気な大蛇なのだが、変身して人間の女性姿になったところで続く。
※今回の人(または神?)とペットの関係については、背景となる現代韓国社会を、おこがましいが私なりに補っておく。
所謂「ペット」の話だが、昨今の日本でも、高齢化に伴い、単なる愛玩動物から晩年の友、家族として葬儀は?とか災害避難の時どうする?とか話題になるが、韓国でも『伴侶動物』という言葉が作られていて従来のペットの感覚からさらに深い、対等な友愛で結ばれた関係性に、マーケティングにおいても(所謂ペット産業、市場から「伴侶動物市場」へということだ。)注目されているのだ。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:番外編 #今日本人に一番薦める韓国純情漫画 #安倍晋三内閣退陣 #現行自民党主流派一掃 | トップページ | #韓国の現代SF小説「#となりのヨンヒさん」ついに刊行。#チョン・ソヨン 作。集英社。#吉川凪 訳。 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:番外編 #今日本人に一番薦める韓国純情漫画 #安倍晋三内閣退陣 #現行自民党主流派一掃 | トップページ | #韓国の現代SF小説「#となりのヨンヒさん」ついに刊行。#チョン・ソヨン 作。集英社。#吉川凪 訳。 »