« #アジア文学の誘い@チェッコリの第10回は、話題の『#となりのヨンヒさん』に行ってきました。 | トップページ | #韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200211) »

2020年1月28日 (火)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200128) #今の日本人に一番薦める韓国純情漫画

Sori5「대답하세요!  프라임 미니스터(お答えください!プライムミニスター=総理)」5巻。임주연(イム・チュヨン)。大元CI。4巻の記事はこちら
表紙、労働党党首、トーマス・カーディナルのこれまでの人生を描くことにほとんどが費やされている。幼くして両親を失い、祖母との不仲。孤独な少年時代。18歳になると放浪の旅に出て、地方の造船所のある港湾小都市に流れ着き、そこの老若男女との交流を通じて人心を引きつけ、結集させる、未来の政治家としての才能を開花させる。一方ほとんど出番のなかった主人公ベンジャミン・ノエルは、トーマス・カーディナルから別れ話を持ち出されたショックで独り落ち込んでいたが、秘書マリーズ・リューに明日は水曜日、PMQ(プライムミニスタークエスチョン=イギリス下院議会の党首討論。日本と違い事前通告なしの白熱討論となる)です、と発破をかけられると、一気に復活(笑)。
※それでもなおトーマス・カーディナルの人生描写が続きそうだ。最後の方ではトーマスの親族らしいが、正確なところはまだ不明な、エリン(アイリーンかな)・カーディナルが過去回想シーン風に登場した。
※若きトーマスが流れ着いた港湾造船所のある小都市で、これまでとはまた違った社会派映画風?英国趣味濃厚。そんな中でも作者の才気が冴えるのは、成り行きで総選挙に立候補することになった若きトーマスの政略。地元の労働党支持者である労働者達は、中央から派遣された労働党候補と党の方針に不満なのだが、党本部に彼らの声は届かない、すっかり諦念の空気に満ちている。そこで、トーマスは自分が立候補して当選したら、即辞退する。そうすれば再度補欠選挙が行われる、そうなれば、党本部もこの街の支持者の声を真剣に聴いて、候補者と方針も見直さざるを得なくなる、そうすることで、この街の人々に勝利を実感させるのだ、という、日本で言うなら政局をこの漫画の作者が立案したのが独創的(笑)、と私は思う。
※何が今の日本人にお薦めかって?今の醜悪と無関心、倦怠感に満ち、知性の劣化した日本政府の統治の現実と違って、この漫画の政局ドラマは理知的でリアルながら熱い、ポリティカルコレクトも理想的に描かれ、しかも愛憎のドラマも美しく、全てが活気に満ちている。


|

« #アジア文学の誘い@チェッコリの第10回は、話題の『#となりのヨンヒさん』に行ってきました。 | トップページ | #韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200211) »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #アジア文学の誘い@チェッコリの第10回は、話題の『#となりのヨンヒさん』に行ってきました。 | トップページ | #韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200211) »