« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200111) | トップページ | 本感想: #南河国物語 #濱野京子 作 #Minoru 絵 静山社 »

2020年1月12日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200112)

Tiara19「Tiara(ティアラ)」19巻。原作이윤희(イ・ユニ)。漫画카라(カラ)。ソウル文化社。18巻の記事はこちら。秘密の魔法陣にたどり着いたヒロイン、フェイ等だが魔法陣がフェイを拒絶した。そこで、フェイが残り、これに魔法陣を制御でき、フェイを愛するキスチェルは共に。女性護衛騎士クレンシア・カストリス、フェイの妹サセニア王女(セヌー)のみ脱出した。しかし脱出先はアジェンド帝国ではなくクレンシアや情報提供者クリスチャン・カストリスの母国、アルメイアだった。そこで待っていたアルメイア公王(※かな?=공왕)が言うのは「(サセニア王女を)待っていたよ、わが娘よ」これは、いったいどういう意味か。
リューン帝国に残ったフェイとキスチェルの前には、皇太子サンレー自ら現れ、フェイの額に触れると彼女の神は銀髪になり、額にリューンの一族の紋様が現れた。サンレーは言う「フェイ、私がお前の父親だ」。つまり、あの「엘세스 마이아(エルセス・マイア)アジェンド帝国・オレン王国女王、衛星都市キフレンの王女」が謎の事件で失踪中、リューン帝国内で妊娠しアジェンド帝国への帰国後、昏睡と記憶喪失中に生んだフェイの真の父だということだ。リューン帝国側ではマイアは死んだと思われていたそうだ。
ここで、キスチェルは神官の力で幻視する。リューン帝国の王女としてのフェイの姿を。以前にフェイに誓った彼女を絶対に幸せにする。これは単なる愛の表現ではなく、神官としての「契約」の力で相手の運命を変えることだった。だがその誓いが大き過ぎると契約が成就された時点でキスチェル自身が力の全て=命を消耗し永遠の眠りにつく。リューン帝国の王宮内に戻ってもフェイはショックを受けたまま、眠る?死んだ?キスチェルの傍を離れない。しかしサンレーは、アジェンド帝国の神官の子の遺体?を置いておく訳にはいかない、帰国させると決断する。
※物語の根幹ともいえる大きな伏線、フェイの出自と能力の正体が回収された、詳細はまだまだ不明だが。一方で義理の妹?セヌーの出自の謎が伏線となって発生したが。巻末は、リューン帝国の王族と古(いにしえ)の神々の関係を解説。魔法陣がフェイを拒絶したのは、リューン帝国王家の未成年者は親が禁を解かないと魔法陣を使えないからだそうだ。またカバー見返しの原作者イ・ユニ本人のコメントによると上記の台詞はかの「スターウォーズ」のあの有名台詞のパロディで最初に構想した場面だそうだ。

|

« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200111) | トップページ | 本感想: #南河国物語 #濱野京子 作 #Minoru 絵 静山社 »

韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« #韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200111) | トップページ | 本感想: #南河国物語 #濱野京子 作 #Minoru 絵 静山社 »