« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月

2020年4月24日 (金)

#韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:キム・ジェンドリ・グムスク「草 日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリー」発行ころから

Photo_20200424152001 3月には購入済みだったキム・ジェンドリ・グムスクの「草 日本軍「慰安婦」のリビング・ヒストリー」をようやく読んだ。
やはり韓国の日本軍従軍慰安婦漫画は、一口で言って作品が放つ「気迫」が違う。この気迫に比肩しうる日本の漫画は、やはり戦中派漫画家の戦争体験漫画だけだろう。
作品は、白と黒の陰影の対照、黒色が人物に覆い被さり、荒々しくほとばしり、鮮血が飛び散るのかと思えば繊細に流れる水のようなタッチ、しばしば挿入される台詞・解説など文字の一切無いコマが、登場人物の苦痛と絶望、無為、屈辱、悲しみ、憎悪、諦念といった重く辛い感情と先の見えない時間の流れを漂わせる。
そしてこのペンタッチで思い出した。私は既にこの作者の、それも日本軍従軍慰安婦漫画に既に遭遇している、しかも記事を書いている。それがこちら。そう、2014年1月日本のマスコミでも一部話題となったフランスのアングレーム国際漫画フェスの出品作の一つだ。まさに作品「秘密」は「草」の原型、前史かもしれなかったのだ。その作品に出会っていた、インパクトを受けていたことを私は誇り、同時にこの歴史的事実から逃げてはいけないと再認識した。

| | コメント (0)

2020年4月12日 (日)

#韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200412)

Vampiretoshokan10「뱀파이어 도서관(=ヴァンパイア図書館 Vampire Library)」10巻。이선영(イ・ソニョン)作。鶴山文化社。9巻の記事はこちら。11巻はこちら。※以下飛ばしてしまった10巻(恥)
カベルが会議で出張中に、彼の要請で中国から派遣されてきた司書コンビが来館し図書館に収容された犯罪者の「本」をアタッシュケースに回収(※超能力というかほとんど魔法だ)。
一方図書館理事長コンラッドを、一番目の美食家「アイン」
 がシルエットのみで登場、襲撃。コンラッドは殺害された。※しかし、どうやらコンラッドはこの事態を予測していたらしい。
その知らせが図書館の一行に入ると、こんどはヴァンパイア協会代行者と名乗るマルケル・クラウディアが弔問に現れた。中国図書館司書の台詞とこのクラウディアのモノローグで分かったのは、図書館の司書であるヴァンパイアは、突然変異体の超能力者ばかりで、ヴァンパイアの秩序を重んじる協会とは犬猿の仲。特にクラウディアは、突然変異体達を憎悪している。
しかも、クラウディアには美食家リリスが裏で接触、結託して、協会が所有する図書館の監獄の門を開く「杖」の提供まで受けていたのだ。
こうした準備の上でリリスは司書ルイの弟を帯同して図書館に向かったのだ。だがこの時リリスは「もうしばらくお待ちください。アイン様」というセリフをつぶやいている。※この台詞が、一番目の美食家アインの正体=カベルのもう一つの人格の伏線であったのかもしれない。

| | コメント (0)

2020年4月11日 (土)

#韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200411)

Hanagatiredo5「花が散れども」5巻。송 하(ソン・ハ)作。大元CI。4巻の記事はこちら。5巻の表紙は六神官の一人、若い男で宮中儀礼の総監担当なのに長い髪を振り乱し気難しい上に口が悪くて奇行も目立つウンス。※まだはっきりしないが彼が裏で動き出した、ウンス自身が伏線なのかもしれない。
天体観測などの技術や知識を独自に国外から入手、学びオンランの気象状況の危機を知ったらしい民の一人クムワが土地の人々ともに土木工事らしきことを始めている。
これが宮中の六神官に伝わると、ラアンの力を無視した行為であり、反乱の疑いありと息巻く者も現れた。六神官とラアンはイノクにクムワに会って真意を見極めるように命じる。
以前に、ラアン直属の国外技術の研究者達を見せられていたイノクは、クムワの背後にいる気候変化について助言している者をラアンに合わせたい、とクムワに直接訴えるが、既にラアンを疑う彼は、イノク等を拘束する。
そして雷雨と大水が村を襲うが、六神官も独自に動いて村人を避難させる為、兵を派遣してきた。
拘束を自力で解いたイノク達は再度、クムワの前に駆けつけるが、彼らに雷と倒木が襲い掛かる。だがここにラアン自らも自分の脚で駆けつけ、その力で彼らを救った。しかしクムワは絶叫する「できるじゃないか。だったらなぜもっと早く助けてくれなかったんだ!」と。
しかし、これは力の弱ったラアンの全力に過ぎない。その場で消耗して倒れるラアンをイノクは抱えて、馬を駆ってその場から逃亡する。
※毎度のように書くが王権神授国家の終焉が主要登場人物のドラマを通して急展開し始めたようだ。

| | コメント (0)

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »