« 本感想: #県知事は小学生? #濱野京子 作 #橋はしこ 絵 PHP研究所 | トップページ | #韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200518) »

2020年5月17日 (日)

#先代旧事本紀大成経 と小笠原春夫(#偽史、#偽書 についての個人的な話)

私の親父は江戸時代の偽史・偽書の大著、先代旧事本紀大成経の全貌を明らかにした神道思想史学者、小笠原春夫だ。
だが親父には所謂、真贋論争なんてものは関係ない。何故かといえば、本物か偽かなんてことは「一目見れば(読めば)直ぐわかる」ことだからだ。字体、使用されている言葉、文章の中に読み取れる思想等で実際には後世(というか作成時点の現代)に書かれたものだなんて一目瞭然。論争に至るまでもない。
では、何の為に、偽史・偽書を研究するか。実際に執筆された時代に普及・浸透している大衆思想とくに宗教思想なかでも神道思想を抽出するためだ。
江戸時代の文化成熟・爛熟期の偽史・偽書とは、執筆者の所属する寺社を権威付けすることが目的であり、その為には大衆に浸透している、要するに分かりやすい話である必要がある。
ということは偽史・偽書の中には、その時代に大衆に浸透している思想が古今東西を問わず入っている筈だ。その中から特定思想を抽出する為には、神道思想だけに熟知していればいいわけではなく、キリスト教、仏教、儒教他、土着の思想までも知らねばならない。
だから親父の本棚には資料として様々な歴史思想の論文(世界から一地域まで)、解説書(外国語は全くダメだったので日本語の解説が必要だった)、個人の随筆まである。
ここが、所謂マニアと専門の研究者の違いだ。前者は神道なら神道研究だけに終始し、後者は神道を知る為には他の思想も知らねばならない。

店頭で通俗的なオカルト本、新興宗教書などに先代旧事本紀大成経ネタを私が見つけると親父の本をパクったなと憤慨して、そんな本はもちろん買わない。後日親父の本棚に、まさにその本があって、そんなもん何故買うんだ、お人好しと怒る私に、参考の為だと苦笑するだけだった。
先代旧事本紀大成経ネタに限らない、新聞の文化欄で歴史に関して、どこぞの大学の○○という先生のこういう説が注目されているそうだ、と私が紹介すると、あそこの大学は理論優先だから理屈ならそういう説になるな、とか言う事があった。親父は所謂「説」は殆ど提唱したことがない。資料からの実証分析あるのみだ。
だから私は面白い「説」を連発して世間の注目を浴びて金と名声を集めているような学者を見ると腹が立つ。親父のやり方が馬鹿にされているような気がするからだ。
「そう言えば、昔○○にオレの論文パクられたことがあったな」と思い出すことがあって、これも憤慨するのは私だけ、親父は「まあ、それで儲かるわけもないし」とやはり苦笑するだけだった。
親父の論文は大学の紀要に載るだけで本になることがめったにないので、パクるのに都合がいいという事らしい。学会で後輩が親父の論文の一部をパクった発表をして、後で向こうからやって来て、泣いて謝られたなんてこともあったそうだ。

専門の研究者は、神様の名前一つのテーマで論文一つ、本一冊分書けるので、例えば古事記・日本書紀全体についての研究・解説書が「一冊」で刊行されても、そういう本は一般向けの解説書レベルで、オレたちの役には立たない、とも言っていた。

名も無き学者バカ人生を全うして、2018年7月4日、親父は逝った。

|

« 本感想: #県知事は小学生? #濱野京子 作 #橋はしこ 絵 PHP研究所 | トップページ | #韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200518) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本感想: #県知事は小学生? #濱野京子 作 #橋はしこ 絵 PHP研究所 | トップページ | #韓国の漫画 #韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20200518) »