カテゴリー「韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」の記事

2018年2月19日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180219)

Mumyouki8「無明記(무명기)」第8巻。윤지운(ユン・チウン)作。大元CI。7巻の記事はこちら
절 (=チョル=絶)先生と呼ばれる医師。身の回りの世話をしている侍女は풍원(プンウォン)漢字は、風園または豊園。先生の昔馴染らしい男、無盡(ムジン) 三人を中心とした中華圏時代劇奇談集。
7巻の続きというよりは、前段を受けて、チョル先生とムジンの因縁の回想モードに入った。異界、この作品で言うところの「虚」の世界で母を失ったチョルが、虚と実の世界を行来する老医師の弟子となり、医術を学び、彼に付いて俗世にいき、老師亡き後もこちらで暮らすようになり、山中で偶然、戦で辺境地帯に逃れた、本来かなりの高位の武将(王?)らしき人物配下の若き武官だったムジンと知り合って、その医術を見込まれたのと初めて飲んだ酒に酔って睡眠中に狐になってしまったのを見られてしまい、好奇心をそそられた所為で、強引に軍医として引き入れられてしまった。そして軍内部で馬や武術を訓練される日々が始まり、また戦が、というところでさらに続く。長い回想篇の真っ只中となった。
※残念ながら、この件、歴史との絡み具合が無学な私にはまたしても全く不明。ムジンの主人は、この地域の異民族の実力者と同盟を結ぼうと画策中らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180210)

Kondanbetukyoku8「혼담별곡(=婚談別曲)」8巻。完結。조민영(チョ・ミニョン)作。鶴山文化社(학산문화사)。前巻の記事はこちら
毎度の前口上=結婚仲介業が普及しているというユニークな設定をした時代劇で、相変わらず私とは何故か言葉の読解の相性が悪いが、何故か気になる作家の漫画、8巻完結。
さて、ここまで来たら、もう私が無理に貧弱な翻訳力で、筋をたどるまでもないだろう。鷹婦人(매씨여인)を追い詰めることはできなかったが、国王も動いて、表立っては使えないが、証拠書類を握ったことで、少なくとも政治の黒幕になることは防げたようだ。
鷹婦人の下にいた謎の絵師、実は現国王の異母弟らしいウン・シンクン(=은신군)も国外に逃がした。
後は、左捕庁(좌포청)のコン部長と都の金融を握るソン・インミョン(송인명)の末娘ソン・ナキョン(송낙연)=結婚仲介業者を名乗るペク・ヨンシル(백연실)との仲だが、これも最後は無事に婚儀を挙げられたハッピーエンドだ。
※とにかく読解するには最後まで苦労したが、ユニークな設定と、もはや韓流ファンにはお馴染みの韓流時代劇の波乱万丈な展開で飽きさせなかった。また一人次回作も期待したい漫画家となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年2月 3日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180203)

Dousenaratahon9「이왕이면  다홍(どうせならタホン)」9巻。이상은(イ・サンウン)作。鶴山文化社。前巻の記事はこちら
タホンと彼女が暮らす男所帯の家の末っ子(ウジンの母親違いの義弟)小学生のトユンとその友達と昆虫採集の為のキャンプに山に行って、友達の一人の体調が悪くなり、ソンホが子供達を連れて一端、下山、山林の中に残されたタホンとウジンに雨が、で続いたが、その夜から始まり、色々背景、シチュエーションは変わるのだが、今回は一冊分まるごと、ウジンとタホンがお互いへの想いを持て余して、ウダウダ、グダグダ、悶々とするのを交互に描くだけで続いてしまった。
※これは、口の悪い人が読んだら、飽きるとツッコむところかもしれないが、ある意味では
作者、イ・サンウンが前回も書いたように、ラブコメディのお約束ストーリーをサクサクと展開する筆力は認めてもいいのかもしれない(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月15日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:番外篇「ブラックフェイス」と「ムーミン」(20180115)

Sekaimangasanpo1

Sekaimangasanpo2_4「世界漫画散歩」1巻と2巻。강기린著。이야기의숲(話の森)刊。ライター等フリーで色々仕事をしている著者が地方紙に連載した、世界各国の漫画、アニメーション作品と作者、その政治、社会、文化、歴史的背景を解説したエッセイ。関連記事はこちら。最近話題のトピックが偶々この本中にもあるのだ。
1巻2章「흑인을 놀린 우표 다섯 장」でメキシコの漫画「Memin Pinguin」とそれを記念した切手の黒人差別問題から始まり、アメリカのミンストレルショーのブラックフェイス問題を解説している。
2巻6章「핀란드를 수놓은 트롤 가족」で「スウェーデン」の「ムーミン」を解説しているが、別にムーミンの舞台がスウェーデンだと言っている訳ではない。スウェーデンのトーベ・ヤンソンの家庭に、スウェーデンの学校に通う為にフィンランドからやって来た「姪」が伝えるトロール伝説を基にムーミン・トロールの物語を作り出したというエピソード。本文でもトーベヤンソン他界後もムーミンはフィンランを離れませんでした、と締めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180106)

Concours9「더 콩쿠르 the concours (ザ・コンクール)」9巻。정설화(チョン・ソルファ)作。ソウル文化社。8巻の記事はこちら
フランス仕込みの新鋭の韓国青春漫画の第9巻。表紙の着飾った女性が手に持っているのはハンマーと鑿(のみ)である。つまり、このキャラがバイオリン工房の이향이(イ・ヒャンギ)。
ダンカン・オーヘイの回想篇である8巻の続きでは、手首を切ったチェギョンは亡くなった。そして彼女の遺品であるバイオリンが、ダンカンに任され、そのバイオリンがコンクールの賞品となるのだ。そして6巻辺りでコンクール会場に現れた謎の中年女性が、チェギョンの母であり(つまりダンカンの義母でもある)、ダンカンこそがこのコンクールを管理していたのであり、さらに、パイオリン工房のイ・ヒャンギは、8巻の回想に登場していた、少女時代はやはりバイオリン演奏を学んでいたが、姉チェギョンや義兄であるダンカンにはかなわないことを悟って、演奏者を諦めた、チェギョンの妹の成長した姿だった。
コンクールが仕切り直しとなり、一端帰宅、登校した主人公の高校生안호경(アン・ホギョン)とホギョンの親友にしてコンクールのライバル、성의주(ソン・ウィジュ)。校内には二人の活躍を祝す横断幕が掲げられ(※日本の学校と同じようなもの)。騒ぎとまではいかないが学校側は大喜びだ。しかし定期試験目前であり、ホギョンに関してはこっちの結果は散々なようだ。
そして友人達からは既にネットでコンクールの不正がスキャンダルな話題にあふれていることを知らされる。
一方イ・ヒャンギは、バイオリンの修理にすっかり自信を喪失し、ホギョンに貸したバイオリンのサウンドポストの修理も他に回す。師匠からのイタリア留学の勧めにも返事が出来ない状態。
そして次の審査は、オーケストラとの共演だが、リハーサルに行ったホギョンは困った。オーケストラと指揮者との共演もまったく未経験でどうやっていいかさっぱりわからない。とりあえずウィジュの薦めてくれたソロバイオリニストとオーケストラの共演の映像を音楽室で視聴して見様見真似で練習するのだが、その映像は故チェギョンが生前、今回の賞品のバイオリンで演奏する姿だった。
※他のコンクール出場者の各人各様の人間模様も挿入され、ドラマもペンタッチも既に達者なものだ。作者の後書き漫画は、購入した自転車に対する興奮振り、の近況を伝える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20180104)

Kimigairumiraideha11「네가 있던 미래에선(君がいる未来では)」11巻。이시영(イ・シヨン)。大元CI社。10巻の記事はこちら。※実はこの本は、まる一年前に出版されていたのを今まで私は見逃していた。つまり既に完結しており、作者は新連載を昨年から始めている。
前巻の続き。トビアスがA.27に「お前の本名は何だ」と問うと、A.27が凍り付いた。が、しかし、A.27が「アンドレアス」が本名だといったら今度はトビアスが凍り付いた。その名の姉がいるからなのだ。しかも、当のアンドレアス姉が、突然やってきた。実はトビアスは、彼女が大の苦手。赤ん坊の時アンドレアスがトビアスを殺そうとしたからだ、というのだ。
これについてアンドレアスは、最初から地位・財産も名声も持って生まれたトビアスに嫉妬して確かに殺そうとしたのだが、あまりの可愛さにその気が失せたと告白。とりあえず和解したようだ。
※このアンドレアス、9巻や8巻のダンテさんの回想シーンに登場した、ダンテさんの前の女主人だったようだ。
そしてトビアスは、最期の願いとして、自分がリコーダーの演奏会を開くから過去に自分と関わった人物達を招待しろ、というのだった。アンドレアスはA.27に、「トビアスは演奏会後も生きていられると思ってはいない」と語るが。
演奏会を控えて、A.27は原因不明の昏睡状態に陥り、夢を見る。この夢は、9巻のA.27の回想シーンに出てきた人との会話の続きだった。以前この人物を私は「かつての先輩」と私は思って書いておいたが、この人は父親、火星独立の英雄、自由の闘士、アンディー(アンドレアス)の不治のウイルスに侵された晩年の姿だった。
アンディは言う「君といるこの瞬間こそ、僕の黄金期だ。君とこうしているからこそ、今が光り輝くんだ」※前の会話シーンでは「君が生きる未来では僕は過去になる」と。
目が覚めたA.27はトビアスに言う「私達と未来を生きましょう。旦那様」と。
その夜、トビアスは「生きてやる。お前がいる未来で」
モノローグ『彼はその後、31日を生きた』※トビアスの演奏会や臨終の場面はなかった。
ラストは、どうやらA.27はトビアスの遺産として宇宙飛行船モビー・ディック号とダンテさんを相続し、アンディーを名乗り、フリーになったらしい。
モノローグ「最後に、真の始まりをしたい。他の誰でもない私の為の、未来のための、始まり」
※10巻の記事でも書いたが、BL風コメディで味付けされた、かなり凝ったSFアイディアが次々登場する作者によれば本格SFとまではいかない、SFチックなSpecial Feature、を私は結構楽しめた。この11巻の表紙カバーはトビアスの白スーツ以外は、黒の喪服で正装正装したこれまでの主な登場人物勢揃い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 3日 (水)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20180103)

Anatadakenoaris11「당신만의 앨리스(あなただけのアリス)」11巻。ソウル文化社。허윤미(ホ・ユンミ)作。10巻の記事はこちら
完結。反乱の夜。国王は、アリスをかばって銃弾を浴びる。だが、国王の生死を確認できぬまま、アリスは、時間跳躍し、現代に戻る。そもそもが乗用車ごと川に落ちたのが始まりだったが、瀕死の所で助け出され、昏睡状態から目覚めたのだ。
※国王が果たしてどうなったのかはっきりとは描かれずアリスが嗚咽するばかりだ。これは私の読解では、朝鮮王朝史の常識なので明示されなかったのか、あくまで架空の歴史だったのか分からない。
※またアメリカ舞台で始まった話だと思っていたが、アリスが追い込まれた河は漢江、つまりソウルだったようだ。
職場復帰したアリスは、やはり企業内の派閥闘争の渦中だったらしくて、そこにはどこか国王を思わせる若い重役がいた。国王のイメージを重ねつつ、彼の秘書としてのアリスのビジネスの日々が始まる。
※この作者、漫画の技術はまだ発展途上だと思っているが、今巻での国王への思慕の記憶と、現代の若き経営者との葛藤と両者のイメージのオーバーラップで揺れ動くアリスの心情描写で読ませる。次回作にも期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ:(20171211)

Nabi23_2「Nabi」23巻。김연주(キム・ヨンジュ)。大元CI。22巻の記事はこちら
リュウサンのこれまでの人生がカットバックされ、その都度予知者の손소류(ソン・ソリュウ)が彼に話しかける場面が描かれていく。『リュウサン、あなたを助けてあげる』
次には、ミョウウン묘운(=妙雲)とソリュウの対話シーンが入り、ソリュウが『ハヨン(※ミョウウンの昔の名前)様も私に人生を下さい』
そして、現在?に戻り、相変わらず眠り続けるソリュウだが、飛行船が墜ちた夜、政変、戦火を避けて、ソン家は逃亡、取り残されたソリュウを、またしても、ハリムが背負って山中に逃亡、潜伏する。その潜伏の日々がハリムの視点で描かれている。
潜伏といっても山中の家でソリュウを寝かせ、ハリムが山や街で物資を調達している日々で、これまでの登場人物にも出遭っているのだが。
※今回は、また一段と淡々とした展開で、この後の展開がまるで読めない。作者キム・ヨンジュの日常をコミカルに描きつつも研ぎ澄まされた、脱世俗、超然としたタッチが張り巡らされた空間に、作者独特、唯一無二の緊張感が満ちているかのようだ。難解なのか私の読解力不足なのか本当に分からない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )番外篇:SFから見るアジアの未来(中央大学文学部主催シンポジウム)(20171202)

という訳で、先日に引き続き、行ってきました。今度は、大学主催で、同年代の中国と韓国の女性SF作家の顔合わせで、大きな教室で、高学歴学生・研究者を集めたシンポジウムで、内容もより複雑で高度なものだった。
私の感想は、韓国側代表のチョン・ソヨンさんの方に絞らせてもらうが、
・中学時代、カール・セーガンの「惑星へ」を買う為に小遣い3か月分貯めた。
・初めて翻訳した本は、ケイト・ウイルヘルムの「鳥の歌今は絶え」21歳の時だった(※私も学生時代、ウイルヘルムは好きでサンリオSF文庫の訳書4冊読んだ)。
・SFの未来に対する想像とは、技術予測は小さなこと、重要なのは社会を、異なる世界をオープンマインドで受け入れられる事、異なる世界に対する想像がアジアのSFに重要。
・現実の社会が他国に対する認識を歪めているが、SFならそれを越えられる。
・境界はSFにとっては些細なこと。隣の部屋から他国まで乗り越えて、よりよい社会に導く為に。
・韓国人が、韓国語で表現するSFとは何か?それが韓国人SF作家共通の悩みだ。
第二部の討論では司会がしきりに女性としての、女性ならではSFに対する認識を問いかけるのだが、私の印象では、チョン・ソヨンさんの回答は
・SFが性に偏るのは好くない。性差別は批判されるべきだが、自分のSFは女性的とは思わない。
・弁護士として人権問題に関わっているが、SF小説の執筆とは別に考えている。
※どう聴いても、おそらくチョン・ソヨンさんは自分の書くSF小説では、ジェンダーの問題を扱っているつもりはない。あくまで普遍的な人間のアイデンティティを表現している、という意識のようだ。しかし、これこそが、私だけではない、「作家も読者も女性が多数派の韓国SF小説マーケットのチョン・ソヨンさんの小説」(⇒この事実・現象自体がSFであり、フェミニズムやジェンダー論の研究対象ではないのか)を読んだ時に「外国人」の受ける印象との認識の差、違和感だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 1日 (金)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )番外篇:韓国の女性SF作家のトークショー

わずか一時間、参加者十数人程度のミニイベントだったが久し振りに私の中のSFの血が騒いだ。充実の情報量だった。この内容を公開してしまっていいものだろうか(※ダメッだったら遠慮なくクレーム付けてください。直ぐ削除します。)
・韓国のSF小説の世界は、作家も読者も女性が多く、SF作家は30名から50名、その中から小説を出版できる人は10数名。SFなら面白くなくても買う・読む読者は800人と言われているらしい。
(※まずここで、フェミニズム、ジェンダー論として、韓国SF小説マーケット自体が実に興味深いのではないか?)
・韓国SF小説の世界を表現する単語なら「若い」「進歩的」「女性」
・韓国SF小説史はPC通信から出発した。(※後で「するとSF漫画の方が歴史が長いのではないか」と質問したら、特に否定しなかった)
・SF小説とファンタジー小説は、作家と読者いずれもかなりの隔たりがある。チョン・ソヨンさんが好きなSF作家は「アーシュラ・K・ル・グィン」「ロジャー・ゼラズニイ」「テッド・チャン」(※後で「ファンタジー作家として名前が浮かぶのは?」と聞いたらかろうじて浮かんだ(?)のが「トールキン」と。「なるほど日本と比べてもかなり壁がある」、と私が感想を伝えた)
・SF作家専業では、生活できないので、大半の作家は、定職が他にあり(チョン・ソヨンさんご自身弁護士)小説は短編中心、発表媒体は科学雑誌や文芸誌。欧米SFの翻訳が作家修行。ソヨンさんも欧米SFを二十冊位翻訳したそうだ。
・※私の印象では、逆に文学的SFと理工系SFには作家も読者も特に隔たりはなさそうな印象を受けた。
・韓国SFは作家は高学歴である。
・私からの質問でSF「漫画」「ゲーム」「小説」「映画」「アニメ」のファンの壁はあるかと矢継ぎ早に?聞いたのだが、これはあくまで私の聞いた印象としてはそんなにはなさそうだった。但しいずれもジャンルSFの比率自体があまり大きくなさそうだった。それでも今は、インターネット漫画「WEBTOON」にSFやファンタジーが多いという回答だった。
※イベント終了後は、購入した韓国SF短編小説アンソロジーにサインをしていただいた。
さらに、↓これは大変だ(笑)全然知らなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧