カテゴリー「韓国の漫画・純情漫画(순정만화=韓国の少女漫画)」の記事

2017年9月24日 (日)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170924)

Simuchon7「심청(「沈清」=シムチョン)」第7巻。イ・ソヨン(이소영)作。タイトルは、韓国では誰でも知ってる儒教道徳説話「沈清伝」の主人公の名前。親孝行娘の代名詞。内容は日本語でも直ぐ調べられる。6巻の記事はこちら
イアンに憑依した「ヘユン」は完全にはイアンを制御できていないらしく、イアンの意識が目覚め、改めてシムチョンと再会する。ともかく後宮の秘密の通路と部屋(特定の宮女と王しか知らない場所)にイアンを匿い、如何にして後宮からイアンを連れ出すかシムチョンと宮女が悩んでいる間にも、じっとしていられないイアンのこと、また勝手に部屋を抜けてうろうろし出す。
するとイアンは井戸の中に、光る「龍のうろこ」を見つけてしまう。だがその直後、王妃候補(名は、오하영=オ・ハヨン)に襲われる。ハヨンはイアンを殺してその肝を食おうとしているのだ(その頬には、またしても「堕落の花」の紋様が現れている)。
危ういところで憑依しているヘユンが出てきて、難を逃れるが、ハヨンの正体は、憑依ではなく、カツラで変装した、3巻から4巻に登場した男の肝を食って不老不死となっている妓女だった。
なぜ彼女が王妃候補になりすまして宮中に来たかはまだ不明だが、彼女のモノローグによればイアンと再会したのは何の因縁か知らないが、彼の肝が嗜好と相性がいいと感じていたので、この機に何としても食ってやる、と狙い出したのだ。
シムチョンの前でも、イアンの中でヘユンとイアンの意識が争い、まだヘユンを知らないシムチョンはヘユンが出てきたときは直感で「あなたは誰だ?」と混乱しながらも問う。
そしてイアンが見つけた龍のうろこを入手する。しかし、シムチョンは、これを直ぐに報告しようとしない、自分は今、本当に王妃になりたいのか、と自問し、葛藤し始めた。
だが、これが密使に変装した国王にバレてしまう。この様子に国王は、シムチョンが自分を拒絶している、という負の感情で、体内の堕落の花をまたしても増幅させていく。
一方、イアンの掌に何度も、実家の女性執事が書いた紋章が現れるので、彼女にそっくりなシムチョン付きの宮女に、これを見せて問い詰めるが、宮女は動じず取り合わない。
続いてイアンは(※本当にじっとしていられない奴だ)シムチョンと共に、秘密の通路を調べ始めて、そこに先代王の肖像画を見つけると、猛烈な頭痛で失神。これを観察していたソルによれば、ここに張られた結界は特に強くてヘユンでも耐えられなかったらしい。
また、龍王の娘、宮中の巫女「シア」は、宮中に張られた結界がそこかしこで弱くなっているのに気づく。もし結界に侵入できない鬼神の類が、入宮を許可されたものを使ったらどうなるか、と結界の盲点を推理する。
ハヨンが今度は、秘密の通路内でシムチョンを襲う。だが、シムチョンの動きを見守っていた、国王等に助けられた。これで王妃選びは決まったようなものだが、国王はまだ密使を装ったままで、龍のうろこを隠すシムチョンに、龍のうろこを直ぐに太皇太后に提出しろ、と命じるのだった。
※自分の気持ちを持て余すシムチョン、そんなシムチョンに国王は、堕落の花の悪影響もあって動揺しつつも、もう待ってはいられないと行動を迫るのだった。多視点ドラマの展開でしかも見た目のキャラと真の正体のキャラが錯綜するので、読み取りに苦労しつつも、またそれが面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月11日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:番外篇「#韓国アニメ大全」(かに三匹)感想

長年韓国アニメーションを渉猟し続け、同人誌やトークライブ、SNSでレビューしてきた著者だけあって、アニメ現物のみならず、関連情報をネットから韓国の法律、条令などまで一次資料にあたって裏付けをとりネットに流布するガセネタもしっかり検証した労作。
私如き、足元にも及ばないが、一点だけ粗探しをお許しいただきたい。
レビュー最後の最後「Green Days 大切な日の夢」これ日本語の資料が皆同じ間違いをしている。「1960年代」を舞台にしていないのだ。以下拙ブログを。
韓国アニメ感想:DVD「Green Days 大切な日の夢 (原題소중한 날의 꿈/Green Days)」
韓国アニメ感想:真!韓国映画祭2012「Green Days 大切な日の夢 (原題소중한 날의 꿈/Green Days)」
韓国のアニメ映画感想: 『Green Days~大切な日の夢~』 特別試写会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 5日 (火)

#私のツイートにレスを付けた気の毒な人を記録しておこう(20170905)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 2日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170902)

Vampiretoshokan7「뱀파이어 도서관(=ヴァンパイア図書館 Vampire Library)」7巻。이선영(イ・ソニョン)作。鶴山文化社。6巻の記事はこちら
館長カベルの出張中に美食家カルテルという名の女性が、さる美形タレントのマネージャーとして、撮影場所を借りに図書館へやってきて、マノをピンチに陥れる。彼女の力は、直近の未来を予知する能力であり、相手の次の行動を読んで先手を打つアクション漫画向けのキャラだ。マノを相手に大立ち回りを演じるも、彼女は犯罪者ではなく理事長コンラッドの部下で、彼の命を受け、マノを試しに来たのだった。
そして彼女によって明らかになったのは、マノは彼女が出会った初めて、自分の予知を外した男だったこと。さらに、マノはカベルがかつて愛した女性イブの10番目のそして最後の転生者であるという確信だった。これでカベルとマノの絆はさらに深まったのだった(笑)。
※今どきのBL風オカルト・アクション・ラブコメ・ペア(笑)カベルとマノの関係について伏線が一つ明らかになったわけだが、私的にはマノのアルビノにも伏線はっていると期待しているんだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月 1日 (金)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170901)

Anatadakenoaris10「당신만의 앨리스(あなただけのアリス)」10巻。ソウル文化社。허윤미(ホ・ユンミ)作。9巻の記事はこちら
※この作者、漫画の技術はまだ発展途上だと思っているが、今巻では、なかなか複雑な葛藤を描写する。
側室ソギョンこと、現代から転生したアリスは、王から異母弟のことを聞く。王はこの弟のことは可愛くてしょうがない、だが今、病に伏せっていることが心配だと悩んでいる。
さらに、ソギョンを思慕していた若い官吏、今は国王の腹心の部下が、この異母弟の病が、毒を盛られている為であることを突き止め、宮中の勢力争いに利用されるか犠牲となるか切迫した状況だと報告しに来た。
ここでアリスは、冷徹な秘書の思考で、この件を王に伝えないように要請する。国王の負担になる情報はいけないし、確かに異母弟の存在は将来、現国王の障害と成り得るからだ。
苦悩する官吏だが、続いて、調査と言葉尻から、かつてソギョンを陥れた黒幕が、ソギョンが思慕していた重臣であることも突き止めてしまう。
アリスも冷徹なままではいられない、自ら手をまわして、異母弟に服毒していた医女を押さえ、密かに薬を無害なものにすり替えさせた。※この黒幕も上記の重臣であった。この人の動機は全て現国王を守る為なので、ソギョンの件も詳細は不明だが動機は同じなのだろう。
そこへ、宮廷に謀反の知らせが入る。国王は鎮圧に動かざるを得なくなる。続いて、反乱軍が宮中に夜襲をかける急報まで王に届く。
アリスに密かに王命が下った。直ぐに宮廷を脱出せよ、と。
※急転直下、緊迫した夜が始まった。国王、その異母弟、アリス、官吏、重臣、暗躍する後宮の側室達まで現れ、文字通り風雲急を告げる宮中の夜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月30日 (水)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170830)

Megaderu6「눈이 나려 꽃(芽吹く)」6巻。임해연(イム・ヘヨン)。鶴山文化社。5巻の記事はこちら
王妃、ソルファの束ねる後宮に新しい火種の予感として、今まで全然話のなかった先代国王妃を非主流派重臣が、再擁立しようと、画策中の動きが出てきて国王とソルファが悩ましい顔をしている。専制を欲しいままにして、現国王も皇太子時代に散々辛酸を舐めたらしいが、遂にクーデターを起こし、大粛清の果てに、彼女は宮廷内の屋敷に蟄居させられているらしい。
本筋の方は、ソルファが後見している少女ホヨは、養母の政略で老重臣と婚儀を決められそうで憂鬱(多分、後妻か側室だ)。そのホヨが好意を持っている、他国の人質の王子は、彼が惚れてしまった女性が、実は国王妃であることを知って動揺し、馬術で落馬、軽傷を負う。後宮では、側室の一人が懐妊するも、毒を盛られ流産する事件が起こり、捜査中だが、懐妊自体が狂言で、流産も自作自演劇の可能性が臭う。
※作者後記として、作中の後宮の階位。位別の髪飾りの文様の図解。側室の親族など関係者の王宮内の勢力、階位の解説などもかなり詳しく解説されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月29日 (火)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170829)

Kondanbetukyoku7「혼담별곡(=婚談別曲)」7巻。조민영(チョ・ミニョン)作。鶴山文化社(학산문화사)。前巻の記事はこちら
毎度の前口上=結婚仲介業が普及しているというユニークな設定をした時代劇で、相変わらず私とは何故か言葉の読解の相性が悪いが、何故か気になる作家の漫画、であるが、まだ未入手の韓国で発売中の「PARTY」誌2017年9月号で最終回を迎えたらしい。おそらく8巻が出たら完結だろう。
瀕死の左捕庁(좌포청)のコン部長は重傷を負いながらも生きていた、そして都の金融を握るソン・インミョン(송인명)の末娘ソン・ナキョン(송낙연)=結婚仲介業者を名乗るペク・ヨンシル(백연실)と鷹婦人(매씨여인)の下にいた謎の絵師(※ウン・シンクン=은신군)との婚儀に、部下を率いて乗り込む。実はウン・シンクンは、現国王の異母弟らしい。鷹夫人は、彼を利用する日が来るまで彼を庇護していたのだ。
左捕庁の総力戦で、ソン家の家長と長男(ヨンシルの実父と兄)は不正と謀反の疑いで捕縛するが、鷹夫人とウン・シンクンは、追及をかわされてしまい、ヨンシルも連れ去られてしまう。
ソン家に対する復讐を遂げた筈のコン部長も、ソン家を嫌いソン・ナキョンからペク・ヨンシルとなった筈のヨンシルも、ソン家が潰れた今は、虚しさを覚えるだけだった。そしてコン部長は早くも新しい婚約者を迎えた。
鷹夫人は、ウン・シンクンを手懐けておく為にヨンシルには利用価値ありと見ているが、特に拘束も監視もなく、余裕で下女扱いで屋敷に住まわせる。ヨンシルはソン家が取り潰されたので、ソン・ナキョンに戻ることもできないし、今更ヨンシルとして市井に暮らすのも偽りのような気がするのでそのまま一カ月を過ごす。
この間にヨンシルも結婚仲介業時代の仲間達とも再会、情報を収集し、時に鷹夫人と問答もするが、身動きは取れず、鷹夫人は次の機会を伺い、ウン・シンクンは待つだけだ。コン部長は、ソン家父子の追及を続けるが、鷹夫人側にはなかなか届かない。
※そうこうしつつもお互いを思い合うヨンシルとコン部長の運命は?というところで続く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月24日 (月)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170724)

Aoiglass5「푸른 유리(青い瑠璃)」第5巻。오지혜(オ・チヘ)。ソウル文化社。4巻の記事はこちら
古代の楽浪の姫ソル(솔)=今の仮名は瑠璃=を誘拐させた人物は今はこの村の役人で、一座の芸人達もまとめて拘束した上で取引を持ち掛けてきた。領主の家の葬儀の為に楽浪の第一皇子(つまりソルの兄の一人)が来ているので請願書を持って行ってくれと申し出てきた。
一方一座と行動を共にしている靺鞨のジャマルタは、別人のように話し始めた白い肌のミルから、ソルとミルの逃亡を手助けした第三皇子の女、チョンは元々信用できないことを見抜いていた上、薬の行商人ホンムンも信用できないから、何か起きた時には、ソルのことを頼まれていた。ミルはジャマルタがソルを見捨てられる男でないことも見透かしていた。
その、薬の行商人ホンムンと、少年達の頭目の男は同一人物で、赤毛の、これもまだ明かされないがどこかの支配者の皇子(上の表紙の人物)で、楽浪を巡って、裏で幾重にも策謀を巡らしていた。そして今度は上記葬儀用の葬礼品を略奪し、面目を失った王子が村で代替品の物資を兵士を使って強引に徴収するように仕向け、裏で村人の不満と憎悪を煽り、騒乱を仕掛ける。
ソルこと瑠璃は、一座を助けるというよりは、何も知らず流されていた自分を変えるため、何よりミルを助けるために、と取引を受けて、葬儀に来た神女に扮し、村に入る。
この間に、ホンムンは、ミルと瑠璃に別々に接触、心理的に揺さぶるが、両人ともホンムンを信用せず、屈しない。
この最中に、第三皇子に取り入ってソルや第一皇子の始末をつけると請け負ったチョンも単身、村に現れた。実は、ソルと取引した役人とは同族で旧知の関係だった。
母を亡くした少年と共にミルは、偶然第一皇子一行からの略奪品を見つけ、策謀に気づいてこれをさらに煽る策を講じる。
村に騒乱が始まると、呪神に扮したミルは、派手なパフォーマンスで葬礼品が見つかるように仕向け、混乱をさらに煽り、この機に乗じてジャマルタや、第一皇子と接触したソルを村から脱出させた。
村を脱出したミルにチョンが接触、秘めていた自分の気持ちをぶつけるが、ミルはこれを拒否。
第一皇子が差し向けた追手が迫ってくると、ジャマルタとソルが渡り終わった吊り橋を切断、追手を遮り、自らは川底へと転落する。
ミルは、自分の肌が白い故に人々に疎まれ、鬼子扱いされ、ソルが自分を拾って面倒を見ると召使達が姫様もいずれ呪われると噂しているのを聴いて、これを防ぐ為に、ソルや彼女と関わる他人とすら言葉を交わすことを封じていたのだった。
※動き出したヒロインのソルまたは瑠璃を巡って、他のキャラクター達も動き出し、錯綜した物語となってきた。ソルとして生きるのか瑠璃として新しい運命を開いていくのかその心理の葛藤の振れも丁寧に描き込まれている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想:最近読んだ原書あれこれ(20170701)

Dousenaratahon8「이왕이면  다홍(どうせならタホン)」8巻。이상은(イ・サンウン※これまでイ・サングンと記述してきたのだがこれに改めることにする)作。鶴山文化社。7巻の記事はこちら
タホンが共同経営者となった?写真館の社長に仕事の依頼、当人が芸術家気取りで生活力ゼロだがそれなりに知られているらしい、ちゃんとした大手スタジオでのポスターCMかなんかで猫の写真を撮るんだが、この猫の世話を任されたタホン、とくればコメディお約束の大騒動。猫を追い掛けてスタジオを駆けまわり、これまたお約束のように、このスタジオが、우진(ウジン)のモデルとしての仕事場の一つでもあり、ウジンの仕事仲間とも絡んで、アシスタントと間違われて仕事手伝わされたり、ドタバタの果てに、後日タホンも美容学校のウィッグのモデルとなって撮影をすることに。
※タホンは今回の騒動で初めてウジンの仕事がモデルであることを知った。実はウジンは、この仕事を辞めて公務員試験を受けるつもりでいて所属事務所の女性社長とかなりもめている。
父親は一流カメラマンのタホンだが、モデルの経験は当然なし。緊張で固くなるが、これを巧くほぐしてくれたのが、ウジンの友達でやはりモデルである차선호(チャ・ソンホ)。
ここからはラブコメのお約束。タホンとの関係を否定するウジンに、ソンホはだったら自分がタホンにアタックすると宣言。ウジンは意外に初心(うぶ)で自分の気持ちを持て余し始める。
さて、タホンが暮らす例の男所帯の家の孫達の末っ子(ウジンの母親違いの義弟)小学生の도욘(トユン)が夏休みの宿題で昆虫採集をすることになり、だったらトユンの友達も連れて山でキャンプだ、付き添いと指導はタホンに任せろ、となったら、どうして聞き付けたかソンホが同行することになり、そしたら野外活動は好きでないと公言し、実際苦手そうなウジンも同行するお約束展開。
ここでトユンの友達の一人の体調が悪くなり、ソンホが子供達を連れて一端、下山、山林の中に残されたタホンとウジンに雨が、で続く。
※ちなみに韓国では学校の長期休暇を「放学」という。冬休みと春休みもあるようだが「夏放学」と称するのはまれで、「放学」といえば「夏休み」を指すのが一般的のようだ。
※作者、イ・サンウンは、原作付きの漫画も描いてきたが、原作付きで設定や展開にひねりを効かせるより、こういうお約束のラブコメディのほうがストーリーがサクサクと展開する、職人タイプの漫画家のようだ。
※この漫画、この家の諸問題をタホンが解決したら完結という流れもあったようで(単行本だと5巻分まで)そこで、タホンが大ゴマアップで振り返った姿で終わる、まさに連載最終回的な絵があった。好評で単行本第6巻からの新展開となったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月29日 (木)

#韓国の漫画 韓国純情漫画( #순정만화 )感想番外篇『韓国スーパーロボット列伝』『韓国スーパーロボット列伝漫画篇』

Photo

Photo_2上「韓国スーパーロボット列伝漫画篇」(2017)下「韓国スーパーロボット列伝」(2012)。『テッコンV』『スペースガンダムV』ばかりじゃない(笑)こんなにあった韓国スーパーロボットアニメーションの記録と時代・業界背景等、情報をぎっしりと網羅して2012年に刊行されたいわば「アニメーション篇」。
それから5年後の今年の新刊「漫画篇」はさらに量感ずっしり(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧