カテゴリー「上橋菜穂子」の記事

2018年1月27日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第9回「旅立ち」(20180127)

3年越しの大作ドラマ、原作派としては絶賛とまではいかないが、異世界ファンタジードラマのノウハウがないNHKが試行錯誤の連続で本家NHK大河ドラマよりも頑張ったのだけは認める(と上から目線)。それでも、「わからない」とか「韓流ドラマみたい云々」なんて思考ゼロなツイートに与する気は全くないが。
原作に至高のイメージをしていた私には、特撮やセット、衣装の粗ばかりが目についたが、卑怯な(笑)NHKはサイトに、上橋菜穂子先生の称賛コメントを掲載、リンクして、原作ファンは原作者を盾に取られた感があるので、色々言い辛いが(笑)、最大限健闘した、とほめておこう(と、最後まで上から目線でした)。まとめると、小説のドラマ化にあたる構成の脚色は、成程こうなるのか=昔からよく言うことだが、小説がイメージの拡散に対して、ドラマはイメージの収束。視線を集約させるところがポイントなんだなということは原作が大作だけによくわかった。さらに意地悪く言うなら、腐ってもNHK、為政者を様式美で引き立てない、あくまで俗物ぞろい=ある意味で「人間臭く」演出したことには「らしさ」がでていた。(あくまで最後まで上から目線で締めようか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第8回「神なき世界」(20180120)

「神なき世界」このサブタイトルは結構いいと思う。『守り人』の世界には、確かに神はいない、しかしナユグという異界が厳然と存在する。そして今回は最終回の一回手前、文字通り、人間世界のドラマだけ。「王国」の政治体制と「為政者」の世代交代が両軸となった人間臭いドラマが展開した。そこに、ラストに綾瀬バルサの「戦遊び」のツッコミが突き刺さる。セリフの頭に「男の」を入れてもいいと私は思う。
ヒュウゴの鈴木亮平の異民族振りはメークだけの力ではないな。異民族の軍師らしい緊張感、ず太さ、賢明さを醸し出す役作りは圧巻。
対して為政者のエキセントリックさはヨゴ国帝の藤原竜也に代表されているが、人気のラウル王子役の方も、基本は新興の専制王国の強権主義の力とふてぶてしさの筈だが、意外に裏に線の細さを秘めている雰囲気も裏読みできるかも?というのはうがち過ぎか。
チャグムは今回は人間として汚れた、たくましく成長した「若い王子」の姿を見せたが、残り一回で「平和外交」で時代と政治体制の転換期に心を砕く姿を表現できるか、そこに加えてナユグという「異界の豊穣」と「俗世の天災」のせめぎ合いが十分表現できるか、期待より不安が残る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第7回「傷だらけの再会」(20180113)

諸々の感想吹っ飛ばしてインパクトがあったのは鳴り物入りの特撮ではなかった。顔を見せないタルシュ兵の中で、ただ一人顔を見せた六平直政だったという演出だった。 タンダのけがを原作の腕から足に何故変更したのか、と思っていたが、この足切断と手伝いシーンを盛り上げるためだったのか。 嫌な言い方だけど、腕より視覚的に、切迫感と多人数の手伝いの説得力があった。タルシュ兵のマスクが新時代の戦の非人間性を現していたのに対して、独りだけ顔を晒したタルシュ兵がその強さと優しさの人間性をクローズアップした。 逆に狂気を露呈させていくばかりのヨゴの帝が滅びゆく古王国と王権神授国家のシステムを代表していく。 他にタンダ役の東出昌大の演技というより天然ボケっぷりが、戦で心も体も傷ついて、それと引き替えにやっとバルサを得るという切なさが悲劇性を増す。 やはりNHKドラマは戦争の為政者と庶民の対照を強調している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第6回「戦下の別れ」(20180106)

今回はタラノ平野の最前戦の泥臭くて生々しい絶望感と砦の戦の特撮が圧巻。その中でタンダが少年を必死にかばうシーンに焦点を当てるのが、痛々しい緊迫感と厭戦感を醸し出すのがいい。
前に戻って歌うトトの米良美一の「闇」篇と変わらぬ、アニミズム的ファンタジー世界のリアリティが超満点。
逆に女性視聴者大騒ぎのイーハン王役のディーンフジオカだけ、相変わらず物語に馴染んでない気がしてるんだがなあ。
ガカイの小者振りが相変わらずだなあ。実際の近代史においてもこういう内向き官吏が王権神授的国家の黄昏をもたらしたんだろうな。
カッコいいという評価も多い、ラウル王子の食卓の上歩きは、下品で私は買えない。
古き王国ヨゴの帝の末期症状のエキセントリックさに磨きがかかり古き王国の断末魔が象徴されている。
チャグム王子がバルサとの別れで、片目から一滴大粒の涙がボロッと落ちた演技は素晴らしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月23日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第5回「「槍(やり)舞い」(20171223)

こうしてみるとログサム王は卑怯なエボシ太夫(もののけ姫)だ。神殺しをバルサに負わせようとしたわけだ。但し彼も、来るべき強権主義・専制君主制に対応すべく王権神授国に終止符を打とうとしたのだ。米良美一さんのトトが出ると、やはりNHKの特撮より異世界リアリティが増すのは如何ともしがたい。セットや撮影はずいぶんよくなったが、小道具と合成は相変わらず玩具っぽく、嘘っぽい。
しかし、シリーズ構成として、「闇」を後ろに回したのは良かった。バルサの遍歴を描いた上で、成長した彼女が己のアイデンティティに向かい合ったので共感を得られた。
誰を恨むか、私か運命か、愛していたのは誰か、、人はこうした問いを度々発するが、共感はするが、同時になかなか納得のいく答えを得られないものだ、しかし、それは己の心がけ一つだと、これは残された生者の生き方次第だというのは納得のいく答えだ。槍舞いもそうだが、結局、弔いは死者ではない、残された生者の為にあるのだ。
他には、綾瀬バルサの殺陣は腰が入って素晴らしいし、吉川晃司との槍舞いは様式美といい、スピード感といい、やはり素晴らしかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月16日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第4回 ログサムの野望」(20171216)

あらためて思うのは、ナユグという異界が見える少数と人間の世界しか見えない多数で、政治に対する姿勢が異なる、という対照(対等ではないので厳密には異なるが)。
さて、冒頭は久し振りにタルシュ帝国からヒュウガの鈴木亮平の出番が多いし、メイクも異国感がいいねえ。対峙する嶋田久作は芝居を超えた怪人振り(笑)が相応しいので思わず笑っちゃう。にしてもこの二人は芝居が、役者が違うなあ。
但し、やはりタルシュ帝国の衣装は生地の所為かなあ、競馬の騎手みたいで安っぽく見えるんだよなあ。
鹿賀丈史の聖導師さまは、やはり「料理の鉄人」を彷彿とさせるのがまずいよなあ。これまた笑っちゃうのは本人の所為じゃない。
対するというより一蓮托生の帝の藤原竜也はもう線の細さからくるエキセントリックさ極まれりで古き国の黄昏に相応しい。
ログサムは野心家だが、間違っちゃいけないのはいわゆる悪人とは異なる(悪いことしてるけどさ)。貧しく弱い国を強化するのはこの俺だ、という野望は、権謀術数で既得権益を狙う官吏とは異なるということだ。そうしなければ、来る強権主義国家の専制時代にはカンバル国は生き残れない。だからバルサという武人に、自分に変わり山の王という「神殺し」をさせようとしているのだ。
これと対照しているの上述したように、ログサムの倅はナユグが見えるから、父の独裁をとめようとしているのだ。人同士が争っている場合ではない時が来るのが不安だからだ。
後半は渡辺いっけいの独壇場か。バルサとの槍舞いのプレリュードと、幕引きのクライマックスは、これほど懐の深い役者とは驚いた。綾瀬バルサには、ますます期待が高まって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 9日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第3回 ルイシャ贈り」(20171209)

武田鉄矢っていうのは昔から何をやっても「武田鉄矢」だねえ(笑)。原作の構成と登場人物を絞り込んだことで、世界政治の為政者と関わったこととその変化に直面して、ジグロという他人の気持ちに「共感」し、己の復讐心の狭量さに思い至るバルサの心境の変化とアイデンティティの成長が、分かりやすくなっていた。その上でログサム王が迫る、嘘をついているのはどっちだと問う「悪魔の選択」は同時にバルサの試練。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月 2日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 第2回 カンバルの闇」(20171202)

結論は「トト」こそリアリティだった!。
前半は、中村獅童のカンバルのログサム王の冷酷非情振りが目玉かと思ったが違った。インパクトでは実は「米良美一」さんだったのだ。これまでのこのドラマは異世界ファンタジーのリアリティを醸し出す特撮に四苦八苦、紆余曲折、試行錯誤etc.の連続で。
しかもネタバレになるが、この異世界はこれで完結・完成した世界ではなく、さらに隣り合わせに人間の世界でない異界が現存している世界なのだ。
ところが第一部では、この異界の魔物が正体を現したとたんに特撮が怪獣映画のようになってしまい、第二部では特撮は大分違和感がなくなったが、考えてみると、アスラの魔力以外に露骨な異界の出番がなかったのだ。
だが、今回はそうはいかない筈だ。早くもルイシャ自体、正直言えば東急ハンズで買ってきたのか、とツッコミたくなった。それが、米良美一さんのトトが出てきたら、失礼ながら普段なら同氏の存在自体リアリティを感じられない存在だが、それが異世界の中で異界を伝える「トト」になったら驚くべき違和感のなさ、伝える言葉にリアリティが付いてきた。もしかしたらこの大河ファンタジーのリアリティは「米良美一」によって達成されるのかもしれない、と当たらない予想をしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月25日 (土)

テレビドラマ感想:NHK「#精霊の守り人 最終章 バルサ、故郷へ」

最初は違和感ありありだった、構成の脚色にこちらが慣れたのか、あちらこなれたのか(笑)。OPのバルサの「闇舞い」をイメージした?華麗にして象徴的な赤い衣装が良い。
原作の導入部を吹っ飛ばして、チャグムと共に一気に世界政治と国内謀略の世界に突入する構成は、小説の緩急とは違い、ドラマは観る者をそらさない戦術に出る(笑)。
ロケは相変わらず、森林内にスモーク焚いてごまかして(笑)、セットは、先の商業国家の活気とエキゾチックさ、新興国の威圧感、その前の黄昏の王国の見掛け倒しの荘厳さ、とはこれまた違う、厳しい自然環境の中の暮し振りとやはり厳しい人心、切迫感が出ている。
キャラクターでは、「新」聖導師の鹿賀丈史は、笑っちゃうほどハマり過ぎ、吉川晃司はアイドル時代の生意気さがいまだ偏見の残る私には別人のようだ。
なんといっても出色は、渡辺いっけいのカグロ、最初はあるいはいい人にするのかな、とも思っていたが、ハードアクション、油断ならない胡散臭さまで、ハードさと重みがあって驚きの巧さ。
中村獅童のカンバル王のウザい事、この上なさ(笑)とカグロの息子の反応から、もはやこのまま国王に謁見してはならない、いったん逃亡に転ずる、ドラマ構成の必然性もきっちりと出ていた。次回への引きと収束性は十分だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月25日 (土)

ドラマ感想: #精霊の守り人悲しき破壊神 第2シーズン第9回「#呼びあう魂」

先ず、泣かせるサブタイトルではないかw。第2シーズンも最終回、振り返ると、実写ドラマはウェット、任侠、人情に訴えるキャラ作り、ドラマ作りをするんだな、あらためて原作小説はドライ、クール、知的な作りだったんだなと感じた。
だからこそ、ヒュウゴの食えない奴感(笑)が際立って見えるのだ。敵と味方をはっきりと分けられない、ドライさ、クール、知的にタフさ、と原作要素を体現していたのヒュウゴ(だけ)だったのだ。
一番人気でツイッターを席巻したイーハン役は、どうも、ファンタジードラマの世界の住人になりきっていなかったような気がする。
ヒュウゴの一方でシハナのキャラは、割を食ったような気がする、真木よう子は、自らノリまくってキャラ作りもしたようだが、それが良かったかは、疑問が最後まで残った。ただしドラマ的にもウェット、任侠、人情路線だったので、彼女の責任ばかりとは言えない。但し、私が長年妄想してきたスピンオフした想像のシハナのいずれとも全く異なる姿で意表を突かれ新鮮で印象的だったので、ドラマ的にはおそらく成功だったのだろう。
ストーリーとしては、小説とは視覚に訴えるとはこういうことか、なるほどと思った(笑)。特に周辺の新興大国の思惑と古くて小さな国の為政者の戦略、思惑の知的な戦いの妙味を小説が時にチャグムを直接出さずに俯瞰したような構図から(神の目線とでもいうか)じっくりと記述するのに対し、実写ドラマは、チャグムの逃避行の緊迫感、切迫感を一気に表出することで、理屈抜きに役者の肉体で語らせていた。ドラマは、老いた小国の若い王子のお手並みと肝を試してみようという為政者とブレーン達の駆け引きの妙味がドラマチックだった。
また、今回は、各国の太った(ふくよかな)女性の役者とキャラクターが皆、いい味をだしていたなあ、これは冷やかしでもセクハラでも差別でもないぞ。本当に太古よりの大地の豊穣のシンボルと、現代社会のスリム過ぎる女性への偏愛の不自然へのアンチテーゼとしても十分だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧